ジェームス・スキナーからの学びで林先生の考えにもの申す!

    From:西田貴大

    つい先日の夜
    ブログの移行作業中に

    ちょっと休憩を取って
    音楽専門チャンネルで
    音楽を聴こうと
    テレビを点けてみました。

    その時に、一瞬
    予備校講師の林 修さんの
    番組が映りました。

    その際、彼が言った言葉が
    僕の頭に引っかかりました・・・

    資本主義は競争?

    それは、高学歴でニートの方に
    林先生が何かを教えるという
    企画だった・・・っぽいのですが
    (見たのがほんの短時間だったんで
    内容がよく分かりません)

    そのほんの一瞬、映った時に
    彼は「資本主義社会は競争だ」
    という発言をしたんです。

    その前後の文を聞いてないので
    彼の言葉の
    真意は分かりませんが・・・

    「それは、違うんじゃないか?」
    と、僕は思いました。

    ロバート・キヨサキの本の一文

    なぜ、そんなことを思ったのか?というと・・・

    以前、読んだ
    ロバート・キヨサキさんの本に
    こんなことが書いてありました。

    「99%の人々が1%の富を奪い合い
    1%の人が99%の富を分け合っている」

    と・・・

    (うろ覚えで数字などは曖昧ですが
    ニュアンスは、合ってます)

    林先生は競争マインドに居る

    林先生の言う

    「資本主義は競争」という考え方は
    この99%の人が捉われている考え方で

    俗に、『競争マインド』
    と言われているマインドです。

    競争マインドとは?

    この考え方に捉われている人は
    お金には限りがあると考えていて

    例えば、
    相手が100あるうちの
    70を取ったら
    自分は、30しか取れないと
    考えています。

    だから、競争に勝って
    相手より多くの取り分を
    自分が得ようとするわけですね

    ジェームス・スキナーの教え

    ところが、
    実際のこの世界の仕組みは
    このような
    ゼロサムゲームじゃない

    それを説明するのに

    ここからは
    ジェームス・スキナーさんが
    以前、語っていた話を引用します。
    (うろ覚えですが、話の大筋は合ってます)

    あるところに
    AさんとBさんがいました。

    Aさんは
    現金1億円を持っていて

    Bさんは
    お金を持っていません

    ある時、
    Bさんは、

    Aさんのために
    1億円相当の家を建ててあげました。

    Aさんは
    その家を1億円で買い

    Bさんは
    1億円を得ました。

    次に、
    Aさんは、
    Bさんへのお返しに

    今度は、Aさんが
    Bさんの家を建ててあげました。

    Bさんは
    その家を1億円で買い

    Aさんが所持している現金は
    また、1億円になりました。

    さて、この2人は現在、
    合わせていくら持っているでしょうか?

    ジェームス・スキナー氏の話より

    2人が持っている総額は?

    お金は移動を繰り返して
    結局、もとの場所に戻っただけなので
    答えは・・・1億円?

    残念!違います。

    2人が持っている総額は・・・

    3億円です。
    (現金1億円 + 1億円相当の家が2棟で)

    「パイを広げる」という
    マインドを持てば、お金は無限にある

    このように
    お金は、
    誰かが持てば自分の分が減るのではなく
    際限なくどんどん増えるものなのです。

    創造マインドとは?

    これは、
    『競争マインド』とは反対の
    『創造マインド』と呼ばれるもので

    『創造マインド』を持っている人は
    お金は無限にあると考えていて

    誰かと奪い合うことはなく
    誰かと協力することによって
    多くの価値を生み出し

    1人でやるよりも
    より多くのお金を稼いでいます。

    (ロバート・キヨサキさんの言う
    99%の富を分け合っているというのは
    こういうことです)

    豊かになるためには
    『創造マインド』が必要

    つまり、豊かになるためには
    『創造マインド』を持ち

    誰かと協力して
    新たな価値を創造するということが
    必要不可欠なことなんです。

    (所詮、自分1人でできることなんて
    たかが知れてますからね)

    そして、
    『競争マインド』を持つ人たちは

    この『創造マインド』で
    創られた富が分配されるのを
    ただひたすら奪い合い
    まったく豊かにならないという
    悲しい図式になっております。

    貧富の格差に
    文句を言う人にもの申す!(余談)

    そして、もう1つ
    資本主義について
    言いたいことがあります。
    (完全に余談です)

    これも、競争マインドの人に対する
    苦言なのですが・・・

    現代の資本主義社会では
    貧富の格差が拡がっている
    という話で

    格差社会の何が悪い!

    だから、富裕層から
    もっと徴収しろとか
    いろいろ批判する人がいますが

    この社会を支えているのは
    創造マインドを持った富裕層が
    創り出した富です。

    彼らが払った税金や寄付
    ビジネスでの貢献で
    生活しておいて

    それに文句を言うのは
    頭がおかしいんじゃないか?
    と、僕は思います。

    彼らが多くを
    稼いでくれているからこそ
    十分な税金が集まり

    そして、雇用が生まれ
    みんなに仕事があるんでしょうが!

    彼らが一斉に税金を払うのをやめ
    貢献を止め、誰も雇わなくなったら
    完全に社会は、破綻しますよ

    成長してレベルが上がってから言え!

    そもそも
    学んで成長するということを
    まったくやらないやつが

    自分の無能さを棚に上げて
    富裕層の文句言ってんじゃねぇよ!

    収入が増えないのは
    あんたの努力不足のせいだろ!!

    こっちも学ばないやつに
    分け与えるほどの
    菩薩の心は持ってねぇわ!
    慈善事業か!!

    って・・・
    あなたも経営者なら思いません?

    文句があるなら学べ!

    ちゃんと、いろいろと学んで
    スキルを高め

    会社の売上に
    たくさん貢献してくれるんなら
    雇っているこちら側も
    喜んで多くを支払いますよね?

    (ちなみに、どうなったら
    景気が上がったと感じるか?という
    アンケートで出た結果は・・・

    数か月で(詳しい数字は忘れました)
    給料が倍になったら
    という結果だったそうです。
    (ふざけんな!って話ですね))

    おわりに

    以上、最後の方は
    かなり余談が過ぎましたが
    (しかも、過激でしたが)

    今回、僕が伝えたかったことは
    富は誰かが持ったら自分の分が
    無くなるような

    ゼロサムゲームではないので
    (ローソクの火を分けても
    自分の火は無くならないのと同じ)

    『創造マインド』を持って
    ビジネスをして

    みんなで協力しながら
    たくさんの価値を
    生み出していきましょうね
    ってお話でした。

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    P.S.
    これだけ反論すると
    誤解されるかもしれませんが

    僕、林先生好きですよ
    非常に論理的で

    中でも
    以前、同僚と飲みに行くと
    こういう話をする
    と、語っていた話が

    興味深く、
    非常に僕好みの話をする方でした。

    会えば絶対に
    仲良くなれるタイプだと思います。

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す