増やすべきは売上よりも粗利!粗利を増やすたった2つの方法とは

    From:西田貴大(香川県のマーケティングコンサルタント)

    よくテレビなんかで
    ビジネスのことを取り上げた
    番組ってありますよね?

    この会社の
    儲けのカラクリは?とか

    年商がいくらいくらだとか出て
    芸能人が「スゴ~イ!」
    みたいな感じで見ているの

    あれ・・・
    昔からずっと気になってたんですが・・・

    あれって表面しか見てないよね?

    こういう番組を見ていると
    年商がいくらだとか
    あんまり関係ないだろ!
    って思うことが多々あります。

    大事なのは年商より利益!

    テレビでは
    年商がある程度あって
    さも儲かっているみたいな感じで
    紹介されてますが・・・

    「ここ絶対、そんなに儲かってないやん!」

    みたいなやつが結構あるんですよね。

    粗利率が低いビジネスにもかかわらず
    「いや、その従業員数で、
    その年商だったらやばくない?
    絶対、赤字やん!!」
    ・・・みたいな

    この話が嘘だと思うなら・・・
    実際に調べてみて欲しい

    (この話が、嘘だと思うなら

    もしそういうテレビ番組や雑誌で
    今、儲かっているビジネス
    という話を見ることがあったら・・・

    上場企業ならIRページを見るなり、
    そうじゃない会社の場合なら、
    帝国データバンクや
    東京商工リサーチから

    会社の数字を
    チェックしてみてください
    大笑いしますよ(笑))

    どれだけのお金が残るのか?が大事!

    このように
    何故かみんな売上ばかりを
    追いかけますが・・・

    結局、年商がいくらかよりも
    どれだけのお金が残るのか?
    の方が重要です。

    たとえ年商で1億円を
    売り上げていたとしても
    その結果・・・赤字だったら
    そのうち潰れてしまいますからね

    そう、大事なのは「利益」なのです。

    売上が増えたら必ず
    利益が比例して増えるわけではない

    なのに、このことを理解しておらず
    売上ばかりを求めている経営者の方が
    非常に多い・・・

    これは、おそらく
    売上が増えれば
    それに比例して利益が増えると
    勘違いしているからなんでしょうが・・・

    実際、考えてみたら分かりますが
    そんなことはない!(絶対にない!)

    この間違いは、安値競争をしている経営者や
    多店舗展開している経営者に多い

    この勘違いをしている方は
    何も考えずに安値競争をしていたり
    多店舗展開していたりする方が多い印象です。

    店舗数を増やして
    売上が増えているにもかかわらず
    なぜかお金が残らない

    「なんでだろう・・・」

    売上が増えても
    手元にぜんぜんお金が残らない原因

    これは、僕からすると
    「いやいや、それは当たり前ですよ・・・」
    って話なのですがね(苦笑)

    店舗を増やすとそれに伴って
    店舗の賃料や水道光熱費、
    増やした従業員の給料など
    必要経費も増えているので

    売上は増えても
    利益がその分増えるわけではないので
    結局、手元にお金は残らないわけです。

    利益を増やすために
    最初に取るべき方法はコストカットではない

    そして、一方で
    利益の大切さを分かっている方は
    何故かコストカットを頑張ろうとする・・・

    いや・・・
    間違ってはないんですけどね・・・

    そうじゃなくて・・・
    本来、手をつけるべきなのは
    「粗利」なんですよ!!

    『粗利』を増やすことが一番簡単

    給料やらなんやかんや
    諸々の支払いは
    すべて粗利から
    支払われているわけなんで

    手元に残るお金を増やしたいなら
    その大元である粗利を増やすのが
    一番簡単なんですよね

    ビジネスを動かす原動力『粗利』とは?

    ちなみに説明しておくと、

    粗利 = 売上 - 原価

    ですよ(簡単に言うとね)。

    粗利を増やすたった2つの方法

    では、粗利を増やすには
    どうすればいいのかというと・・・

    方法は2つです。

    ・商品単価をアップする

    ・購入点数を増やす

    この2つの観点から
    施策を深堀して考えていくことで
    簡単に粗利を増やすことができます。

    この2点を意識しつつ
    粗利を増やす施策を考えてよう!

    なので、
    あなたもこの2点を意識して

    「どうやったら今よりも
    単価を上げられるだろうか?」

    「どうやったら購入点数を
    増やせるだろうか?」

    と知恵を絞って考えてみてください。

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    P.S.
    ちなみに、
    よく勘違いしている人がいますが・・・

    単価は、商品の質を高めなくても
    普通に上げることができます。

    まぁ極端な話・・・
    度胸さえあれば単価は
    簡単に上げられるのですが・・・(笑)

    それは精神的にしんどいと思うので
    商品の見せ方を
    工夫してみるようにしてみてください

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す