何度も繰り返す問題を解決するには、本質的な部分を探せ!

    From:西田貴大

    今から、4~5年前のこと

    とある、ショッピングモールに
    買い物に出かけました。

    買い物が終わり
    駐車場に止めてあった
    車のところに帰ってくると・・・

    とある女性が
    声をかけてきました。

    ショッピングモールで
    行なわれていたものとは?

    その方は
    20代半ばぐらいで
    黒縁のメガネをかけていて
    作業着を着ていました。
    (話にメガネは関係ありません(笑))

    駐車場のあちらこちらで作業着の人が

    その日は、
    駐車場のあちらこちらで

    彼女とおそろいの
    作業着を着た人が

    「車の周りで何かをやっているな」
    と、思っていたのですが・・・

    話を聞いてみると
    どうやら彼女たちは
    車のワックスの実演販売を
    していたようでした。

    そして、僕が
    車に戻ってきたことに目を付け

    僕に、そのワックスを販売しようと
    声をかけてきたのでした。
    (残念ながらナンパではありませんでした(笑))

    突如、実演販売のセールスを受ける

    セールスウーマン
    「今、レースでも使われているワックスを
    お客さんの車にお試しで
    かけさせてもらっているんですけど
    無料なので、どうですか?」

    僕「うーん・・・」

    すると、彼女は
    僕の車のライトがくすんでいて
    汚いのに目を付け

    「このくすみも取れますよ!
    やってみてもいいですか?」と
    聞いてきました。

    シルビアのヘッドライトのくすみは
    どう頑張っても取れない

    ここで、説明をしておくと

    僕の車(日産 S15型シルビア)の
    くすみは、使われている樹脂の問題で
    どうやってもキレイになることはありません

    かなりの時間をかけて
    何度も磨いてくすみを取っても
    ものの数日で
    すぐにまっ黄色になります。

    やれるもんならやってみろ!

    なので、
    やれるもんならやってみろ
    という感じで

    「それ、いくらやっても
    すぐ、元に戻るんで、
    磨いても意味ないですけど
    やりたいんならどうぞ」

    と、実演販売をやらせてあげました。

    すると、彼女は
    「差が分かるように片方だけ」と
    張り切って磨き始めたものの

    途中から明らかに困惑した様子で
    「あれっ、あれっ」って言いながら
    磨いています。

    そう!いくら磨いても
    この車のくすみは取れないのです(笑)

    他のスタッフがやってくるも・・・

    途中、彼女先輩らしき人が
    通りかかりましたが

    彼女を助けるのかと思いきや

    僕の車を見るなり
    「すげー!!カッケー!!!」
    と車をなめまわすように見て
    (一応、サーキット兼用なんで
    見た目もそこそこイジっています)

    「カーボンでも使えますよ」と
    笑顔でひとこと言って去っていきました。
    (ボンネットをカーボン製にしてあります)

    規定のセールストークに強引に戻す

    そんなわけで
    先輩も助けてくれず
    困り果てた彼女は

    当初のセールストーク通り
    「どうです?これだけ変わりましたよ」
    と差を見せてくれましたが
    ほとんど変わりませんでした。

    僕「いや、変わんないですね・・・」

    そりゃあ、買わないよね・・・

    すると、彼女は
    「これ多分、ライトの中が汚れてますね
    1回外したりしました?」
    と聞いてきました。

    「まぁ多分、修理した時に
    外したりはしてるとは
    思いますけど・・・」
    (そもそもそんな問題ではない(笑))

    「じゃあ、中の汚れですね」
    と言って彼女は
    当初の予定通り
    売り込みを始めましたが

    当然、僕は買うわけがありません

    彼女は、諦めて帰っていきました。

    こういうセールスは厳禁!

    おそらく、当初の予定では
    片方だけ綺麗にして

    もう片方もきれいにするなら
    これを買ってください的な

    最悪なセールスをする
    予定だったんでしょうが・・・

    僕の車の特性のせいで
    彼女の想定は
    完全に狂いましたね(笑)

    約束したものはちゃんと提供しよう

    ちなみに、
    こういう風に問題を中途半端に
    解決することで新しい問題を作って
    煽って売るセールスは絶対ダメですよ!

    (例えば、エステとかで
    お試しで片側だけやって
    もう片方もするなら
    お金を払えってやつ)

    約束したことは
    ちゃんと提供しましょうね

    どうやったら
    この問題は解決するのか?

    さて、彼女が落とせなかった
    このくすみ・・・

    落とす方法はいろいろあって

    新品に交換する

    まず、考えられるのが
    新品に交換する
    ということなんですが・・・

    S15シルビアのライトは

    形状が特殊なため
    片側の交換だけで20万円します。

    なので、交換は現実的ではない

    しかも、変えたところで
    同じライトなので
    年数を経るとまたくすみます。

    透明な所まで表面を削る

    次に、数年前に出てきた方法が
    透明な部分が出てくるまで
    表面を削って

    あとはコーティングするというもの

    これをすることで直りますが
    ライトをきれいに削るのは
    高度な技術が必要ですし、

    高いお金を払って
    削ってもらっても
    コーティングがはがれてしまうと

    しばらくすれば
    また、くすんでしまうはずです。

    表面的な問題をいくら解決しても
    根本が解決しないと、
    その問題は再発する

    これらの解決法・・・

    どちらも根本的な原因を
    解決していないから
    結局、時間がたてばくすむという
    同じ問題が発生してしまうわけです。

    じゃあ、どうすればいいのか?
    というと・・・

    根本的な原因は
    使われている樹脂なんですから
    そこを何とかするしかありません。

    で、つい最近知ったのですが・・・
    そこを解決する商品が出来ていました。

    ついに根本を解決する商品が・・・

    それは・・・

    熱で樹脂をはがして
    新しく別の素材を
    貼り付けるというもの

    これで、どうやって直しても
    結局、くすんでしまうという
    トラブルから解放されることになります。

    (しかも、両方でたったの35,000円です)

    この話で伝えたかったこと

    今回は、かなり趣味の話に
    走ってしまいましたが・・・

    この話で僕が伝えたかったことは
    『問題が発生した時は、
    根本の原因を特定しそれを解決しよう』

    ということ

    ユニクロ創業者 柳井さんの言葉

    ユニクロの創業者
    柳井正さんも

    著書の
    一勝九敗』で紹介している

    経営者十戒の7つめで

    『経営者はハエタタキにならず、
    本質的な問題解決をせよ。』

    と言っている通り

    表面的な問題を解決したところで
    根本的な原因が残っている以上
    その問題はまた発生します。

    なぜその問題が起きているのか?を突き詰めよう

    そうならないためには
    なぜ、その問題が起きたのかを
    突き詰めて考えるようにしましょう

    根本部分さえ解決してしまえば
    もうその問題に時間と労力を
    奪われることがなくなるので

    必然的に
    仕事の生産性も上がりますよ

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す