プレスリリースを使ってマスメディアに無料で宣伝してもらう方法

    From:西田貴大

    毎年、この時期になると
    必ずある恒例のニュース・・・

    初セリでマグロが
    〇億円で競り落とされた
    っていうニュース

    最高額は
    ほぼ、100%
    すしざんまいの社長が
    競り落とすんですが・・・

    今年の落札価格は
    3億3360万円だったとか

    なぜ、すしざんまいは
    無駄に高額でマグロを競り落とすのか?

    これ・・・

    すしざんまいは
    なぜ、無駄に高い金額を支払って
    こんなことをしているんでしょうか?

    新年のお祝いだから?

    それもあるでしょうが・・・

    僕が思うに
    これは、マーケティングのためです。

    格安でマーケティングができるから

    たとえ、マグロに3億円支払おうとも
    テレビやラジオ、新聞
    さらにはネットニュースでも報道されるので

    広告宣伝費は
    普通に広告を打つよりも安いので
    費用対効果が高いんです。

    (とはいえ、社長も
    今回は「やり過ぎた」と言っていたので
    広告費よりも高くついたのかもしれませんね)

    ZOZOTOWNの前澤社長 もやっていた
    話題を作ってニュースになるマーケティング戦術

    この、すしざんまいの施策と同じことを
    この間やっていたのが
    『ZOZOTOWN』の前澤社長

    Twitterで前澤社長をフォローして

    新春セールが史上最速で
    取扱高100億円を突破した記念の

    『総額1億円のお年玉』
    という記事をリツイートした方の中から
    100名に100万円を現金で
    プレゼントされるというもの

    これは、新春セールの情報とともに
    Twitterでものすごい勢いで拡散され

    さらには、
    フォロワーになるのが条件なので
    広告宣伝効果だけでなく

    見込み顧客リストも手に入る

    リスト(Twitterなので関係性は薄いですが・・・)
    まで獲得できるということで

    総額1億円という金額に騙されがちですが
    普通に広告するよりも
    ものすごく安上がりなマーケティングになっています。
    (相当、ニュースにもなってたみたいですしね)

    この2人のマーケティングから学べること

    この2つの事例から学べることは・・・

    『ニュースは作るものだ』
    ということ

    マスメディアに取材されるのは、
    あなたが思っているほど難しくない

    このようにマスメディアに
    取り上げてもらうことで

    お金をほとんどかけずに
    宣伝ができるわけなんですが

    実はこれ・・・
    そんなに難しいことじゃないんです。

    普通、テレビや雑誌などの
    マスメディアが取材に来るというと

    良い商品を提供して
    巷で話題の人気店とかになれば
    そのうち取材依頼が来る

    と・・・思っている方がいますが・・・

    僕から言わせると
    「そんなわけねぇじゃん!」
    って話です。
    (そういうのはごく少数です)

    テレビや雑誌で取材をされている
    お店とか会社っていうのは

    だいたい、こちら側から
    アプローチしているんです。

    マスコミに取材をしてもらうことで
    お金をかけずに宣伝ができる
    『プレスリリース』という方法

    これは、『プレスリリース』というやつで

    面白そうなニュースを作って
    掲載して欲しい
    いくつかのメディアに郵送すると

    彼らも常に
    記事にできそうなネタを
    探しているので

    担当者の方が
    「面白そうだ」と判断すれば
    取材してもらえます。
    (飲食店ならデカ盛りや激辛が
    取り上げられやすい印象ですね)

    そして、
    1度、取り上げてもらうことに成功すれば
    他からも次々に取材依頼が来たりします。

    プレスリリースをする時に
    注意しておくべきこと

    プレスリリースの注意点:その1
    担当者に対するマーケティングが必要

    ただ、ここで1つ
    プレスリリースを送る際に
    注意してほしいのは

    プレスリリースは
    ニュースを作って送ったら
    それで終わりというものではありません。

    担当者に対してのマーケティングも忘れずに

    担当者も人ですので
    ちゃんと相手に対して
    マーケティングをする必要があります。

    というのも
    考えてみれば分かりますが相手方には
    山のような数のプレスリリースが届きます。

    なので、
    そもそも読んでもらえない
    という確率がかなり高いのです。

    そうならないためには
    電話をしてフォローをしたり

    何回もプレスリリース送る
    という行動が必要になってきます。

    (例えば、イベントを開催するなら
    イベントを開催するという連絡

    次は、チケットが短期間で完売したという連絡
    といった具合に何回かに分けて
    話題性があるということを伝えていくのです
    (同じリリースでもなんとかなりますが・・・))

    マーケティングと同じで、相手のことをよく調べておくこと

    そして、プレスリリースを送るなら

    まず、最低限
    相手のメディアのことは知っておきましょう

    例えば、雑誌の担当者に連絡をした時に
    その雑誌を読んだことがない
    というのでは話になりませんからね

    ちゃんと相手のことを知って
    「この記事が良かった」とか
    その媒体の話をして
    担当者との関係性を築いたところで

    あなたのところの記事はこうだから、
    ぜひこのニュースをあなたのところで
    取り上げていただきたいんだ
    ということを伝えましょう。
    (あくまでも例ですよ)

    ここは、言ってしまえば
    セールスと同じですね

    プレスリリースの注意点:その2
    どのように取り上げられるかはマスコミ次第

    ただ、最後にもう1つ注意があります。

    それは・・・

    『プレスリリースは、
    あなたが思った通りに
    取り上げてくれるわけではない』

    ということ

    どのように取り上げるかは相手次第です。

    こちらが意図したものとは違う
    取り上げられ方をして

    結果・・・
    大惨事になったところもあるので

    そこは、気を付けておいてくださいね。

    おわりに

    以上、プレスリリースは
    お金をほとんどかけずに宣伝ができる
    有効な施策ですので

    話題になりそうなものがある時は
    ぜひ、試してみてくださいね。

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    P.S.
    まぁ、しかるべきところにお金を払えば
    普通にテレビで
    取り上げてもらえるんですけどね・・・

    P.P.S.
    ちなみに、僕のメディア掲載実績である
    某有名マーケティング専門誌への掲載は

    こちらから働きかけた
    という感じでもなく

    僕がした
    ただのおせっかいが
    あれよあれよと事態が良い方向に転がり
    僕が書いたものが掲載された感じです。

    その際に、僕に
    載せていいか?という連絡も無く
    許可なく勝手に載せられたんですが・・・

    僕は、相手側に許可を取って
    メディア掲載実績として
    使わせてもらっているという謎なお話です(笑)

    (実は、一言一句、縛られていて
    許可なく文言を変えることはできません)

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す