ライザップに学ぶ、高単価を喜んで払ってもらう付加価値の付け方

    From:西田貴大(香川県のマーケティングコンサルタント)

    前回に引き続き
    今回も寝込んでいた間に見た

    カンブリア宮殿で
    得た気付きをお伝えします。

    なぜ、ライザップは
    高額を請求できるのか?

    今回の企業は・・・

    『ライザップ』

    そう、あの
    短期間で痩せる
    ダイエットで有名な

    結果に、コミットしている
    ライザップです。

    ライザップの歴史

    ライザップも実は・・・

    CMをバンバン打っている
    今の状態からは
    想像もできないような

    倒産の危機が
    何度かあったみたいで
    (まぁ、長いこと経営してたら
    そりゃあ、何度かは絶対ありますよね)

    起業したものの全然売れない日々・・・

    最初は、起業したものの
    事業が全然うまくいかず
    すぐに会社は、
    倒産寸前の状態に陥りますが・・・

    豆乳クッキーダイエットが大ヒットして
    倒産寸前の状態から大逆転!

    新商品として
    豆乳クッキーダイエットを
    生み出し、

    これがダイエットをしたい女性に大ヒットし
    ここから会社は、一気に成長します。
    (当時の名前は、健康コーポレーション株式会社)

    競合に商品をマネされ
    一転、大ピンチに

    しかし、競合が
    次々と豆乳クッキーを
    マネして売り出したため

    売上は激減・・・
    また、倒産寸前の状態になります。

    その後、アメリカに販路を拡げたり
    広告代理業や美容関連事業を
    したりして生き延び

    ライザップ誕生!

    2010年に
    パーソナルトレーニングジム
    「RIZAP(ライザップ)」を運営する

    グローバルメディカル研究所株式会社
    (現 RIZAP株式会社)が誕生します。

    で、そこからは
    いろんな会社を買収して行って

    現在は
    主力のトレーニングジムの他に
    ゴルフのトレーニング事業や
    英会話事業など

    いろんな事業を展開しています。

    社長が語るライザップの社会での役割とは?

    これらの事業・・・
    一見、共通点が無いように思えますが・・・

    ライザップは
    これらの市場を
    “三日坊主市場”と言っていて

    社長は、
    これらの意志の力が必要で
    継続することがなかなか難しい
    サービスの市場で

    お客さんが
    三日坊主で終わることなく

    最初に決めた目標を
    達成できるよう
    全力でサポートすることが
    ライザップの役割だと
    捉えていました。

    ライザップのトレーナー育成法

    そのため
    トレーナーの育成の場面でも

    栄養やトレーニングに関しての
    指導だけでなく

    その他にも
    お客さんとの話し方などを
    教えていて

    ダイエットが辛く、
    挫折しそうになっている
    お客さんの心のケアに
    力を入れていて

    トレーナー側にも
    絶対に、お客さんの
    目標を達成させてあげようという
    コミットメントを感じました。

    ライザップが高額を請求できるのは、
    それだけの付加価値があるから

    目標の達成のために
    栄養の管理から心のケアまで
    全力でサポートしてくれる
    トレーニングジム・・・

    そりゃ2ヶ月で
    30万円しますよね

    ということで
    そこら辺にあるジムと

    そこら辺の
    ジムよりも遥かに高い
    金額を請求できる
    ライザップとの違いは

    『お客さんが
    望む結果に導くための
    徹底したサポート』

    という付加価値にありました。

    お客さんは商品・サービスに
    『価値』を感じるからこそお金を払う

    結局、こういうことなんですよね

    お客さんがお金を払うのは
    その商品・サービスではなくて

    商品・サービスで得られる
    ベネフィット(利点・恩恵)に
    価値を感じてお金を払うわけで

    より多くの(お客さんにとっての)
    価値を付加することができれば
    価格を高単価に設定しても

    お客さんは、
    喜んでお金を支払ってくれるんですよ

    「価格を上げられない」というのは言い訳!

    ということはつまり、
    うちのお客さんはそんなに払わないとか
    うちの商品は、高単価にできないとかは
    ただの言い訳にすぎなくて

    単に、お客さんが
    それだけの価値を感じるだけの
    価値を提供していないから
    価格を上げられない

    ないしは

    それだけの価値はあるれけども
    それを伝えきれていないとか

    単に、価格を上げる
    自信がないだけなんですよね
    (この場合、度胸だけで利益は増える(笑))

    もし、パソコンに付加価値を付けるとしたら・・・

    例えば、
    普通にパソコンを売るにしても
    使い方に関するアドバイスを
    質問をいただければ何度でも
    無料でお答えする。

    で、あったり

    トラブルが発生したときに
    どんな時間帯でもすぐに駆け付けて
    サポートをする。

    といったサービスなんかを付けて売れば
    他よりも高額で売れますよね?

    このように
    考えようによって
    付加価値は
    いくらでも生み出せます。

    あなたのビジネスでは、
    どんな価値を付加しますか?

    さて、あなたのビジネスでは
    ライザップのように
    高単価を請求するために

    いったいどんな価値を
    付加できるでしょうか?

    高額の商品が1つあるだけでも
    ビジネスがガラリと変わりますから
    1度、時間をとって
    しっかりと考えてみてくださいね

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    P.S.
    近頃・・・
    ライザップとコラボした
    商品が出たりしてますが

    鍛えてる人間から見ると・・・

    この商品に、
    絶対にライザップブランドを
    冠してはいけないだろ!

    と思うほど
    ひどい商品です。
    (成分とか)

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す