今よりもっと集客するための正しい競合の活用法

    From:西田貴大(香川県のマーケティングコンサルタント)

    先日、
    女優(モデルさん?)の
    本田翼さんが

    YouTubeで
    ゲーム実況者として
    YouTuberデビューしたことが
    最近話題になっていましたね。

    驚異の新人ゲーム実況者
    本田翼さんの想定される収入とは?

    なんでも
    そのゲーム実況の
    生配信時の視聴者数が
    14万人もいて

    この数字は、同時間帯で
    世界一の数字だったそうです。

    驚異の300万回再生を突破

    で、実況中継後に
    公開されたダイジェスト版は、
    300万回以上も再生されていて

    ニュースの記事によると・・・

    仮に彼女が
    毎日動画を公開した場合、
    月1,000万〜1,500万円ほどの
    広告収入が見込まれるとのこと

    さらにゲーム会社との
    タイアップがついてくると、
    年収1億円は余裕で超えるみたいです。
    (ゲーム実況ってすごいんですね・・・)

    太刀打ちできないような
    競合が現れた時に考えること

    んで、僕がこの話で気になったのは
    1億とかそんなことじゃなく
    他の実況者の発言なんですよね

    本田さんが
    ゲーム実況を開始したことによって

    「商売あがったりですよ・・・」

    と嘆くゲーム実況者の方が
    続出しているそうなんです。

    本当に競合にお客さんを取られるのか?

    でも、僕はこれを聞いて思ったんですよね。

    「いや、そんなことある?」と・・・

    ちょっと考えてみてくださいよ

    あなたがYouTubeを見るとして
    特定の1人の動画だけしか
    見ないなんてことがあり得ますか?

    絶対、他の人の動画も見ますよね?

    僕がたまたまゲーム実況を見た時の経験談

    実際、僕もゲーム実況を
    見たことがありますが・・・

    偶然知って見た人の
    さらに友人の実況者の動画まで
    ついつい、見てしまったことがあります。
    (なんかすごい有名な人だったみたいです)

    むしろ逆にお客さんが増えないか?

    そんなわけでこの話・・・

    今回、有名人である
    本田翼さんが
    このジャンルのすそ野を
    広げてくれたことによって

    今まで、ゲーム実況というものに
    触れる機会がなかった人が

    ゲーム実況というものがあることを知り
    他のゲーム実況者の動画を
    見始めることによって

    むしろ
    ゲーム実況者にとっては
    動画を見る人が増えて

    逆に、
    すごいチャンス
    なんじゃないか?と
    僕は見てるんですよね

    ゲーム実況者は、それぞれ独自のキャラで
    売っているから大丈夫なのでは?

    しかも、実況者は
    全員が同じゲームを
    やっているわけじゃなくて

    みんなそれぞれ違うゲームを
    やっているわけですし

    もし仮に
    同じゲームをやっていたとしても
    個人個人で喋る内容が違うと思うので

    それぞれの実況者で
    キャラクター独自の特色があって

    視聴者を本田翼さんに
    すべて奪われるなんてことには
    絶対にならないと思います。

    この状況を服屋さんや音楽で例えると・・・

    これを分かりやすく
    身近な例で解説するなら・・・

    例えば、服を買うとして
    絶対にユニクロだけしか着ないとか
    そんなことはないでしょ?

    絶対に他のブランドの服も
    着ているはずです。

    音楽だって
    特定のアーティストだけじゃなく
    同じジャンルの
    別のアーティストの曲も聴くはずです。

    僕の場合、
    TOTALFATというバンドを
    好きでよく聴きますが

    同じジャンルの
    dustboxとかGOOD 4 NOTHING
    locofrankやHi-STANDARD
    Northern19、BUZZ THE BEARSとかも
    好きでよく聴きます。

    (これは、ほんの一部だけど、
    多分、マニアック過ぎて
    一時代を築いたハイスタ以外は
    ほとんど伝わらないだろうな(笑))

    バンドは競合と一緒に集客している

    んで、ここで重要なことはですね
    これらのバンド・・・

    実際、バリバリの競合なんですが
    ライブになると対バンといって
    一緒にライブをやって
    一緒に集客しています。

    そして、なんだったら

    まだ全然知られていない
    若手のバンドとかも呼んで
    後輩の知名度の上昇に
    貢献してあげているんですよ!

    これって普通のビジネスの
    考え方からすると、
    結構、すごいことじゃないですか?

    競合とは争わずに積極的に組んでいこう!

    つまり、何が言いたいかというと・・・

    『競合とは仲良くしておいて
    できれば組んでしまった方が
    どちらにとっても得だ』

    ということ

    どんなに頑張ったところで
    全員が顧客になることはない

    どんなに必死で頑張ったところで
    見込み顧客全員を
    正規顧客に転換させることは
    絶対にできないので

    (業種にもよりますが
    だいたい見込み顧客の9割は
    正規顧客になりません)

    そのまま放っておくよりも
    競合と協力して
    自社の見込み顧客に
    相手の商品を売ったり

    相手の見込み顧客リストに
    こちらの商品を提案するなどして

    今まで全然、
    売上があがらなかったリストから
    収益をあげていって

    マネタイズした方が
    明らかに得だし、
    無駄がないですよね

    今日の結論!

    というわけで今日の結論

    『競合を恐れるよりも、
    お互いの利点を活かして組もう』

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す