コピーライティング業界の権威が推奨するストーリーを生み出す練習

    From:西田貴大

    ジムで出会った謎のおじさんの話

    先日、ジムに行った時のこと・・・

    家でプロテインやら
    筋トレ前に必要なサプリメントを
    飲んでから颯爽と車を飛ばし

    ジムに着いた直後・・・

    更衣室に入ったところで
    少し太ったおじさんに会いました。

    おじさんは
    更衣室内の椅子に座ったまま
    ひたすらスマホをいじっていました。

    ふと、おじさんの横を見ると
    タブレット端末が・・・

    しかも、そのタブレットでは
    ゲーム画面がキラキラと光り輝いています。

    ひたすらゲームをして
    全然、鍛えないおじさんにイライラ

    「この人、いったい何しに来たんやろ?
    ジムに来てスマホとタブレットで
    ひたすらゲームって・・・」

    そう思いつつ
    トレーニングを始め
    いくつかの種目を終えて
    ふと、思い出す・・・

    おじさん・・・
    いつまで経っても来ない(笑)

    そして、20分ぐらい経ったあと
    やっとこさ、おじさんはやって来て
    なぞの袋を置いて去っていきました。

    そこからは、待てど暮らせど
    おじさんはトレーニングにやってきません。

    「あの人、ホンマになんなん?」

    (ちなみに言っておくと、僕は
    遊びでトレーニングに来る人が嫌いです)

    そう思いながら
    ふとロビーの方を見ると・・・

    おじさん・・・
    ロビーにある椅子に座って
    ひたすらスマホいじってるぅ~!!(笑)

    「何しに来とんねん!!
    ゲームなら家でやれや!
    ここは、自分の限界に挑むところやぞ!」

    と若干、カチンと来つつも
    僕は、トレーニングを続けました。

    (そこにいきなりキレて行くほど
    僕はまだ狂っていません(笑)
    (マナーが悪い人でもしばらく我慢して
    最後にやんわり注意する程度です))

    僕の筋トレが終わった後もおじさんは・・・

    そして、その日の
    筋トレメニューがすべて終わり
    プロテインとサプリメントを飲んだ後
    ロビーの方を見ると・・・

    おじさん
    めっちゃ人としゃべってるぅ~(笑)

    「いや、ホンマに
    何しに来てんの?あの人・・・

    というか、僕より前に来てる
    ってことはさぁ・・・
    いったい、来てからどのくらい
    運動してへんの?」

    と、いい加減イライラしてきましたが

    もうあと僕は、有酸素運動がてら
    ウォーキングでクールダウンして
    帰るだけなので

    ここから先はもう、
    おじさんが目障りになることはないので
    そちらは見ないようにして
    急いでルームランナーへ・・・

    おじさん、ついに来たる!!(笑)

    それから10分ほど
    経ったころでしょうか・・・?

    おじさん
    ついにやってくる(笑)

    そして、エアロバイクにまたがり

    2~3分ほどペダルを漕いだあと・・・

    置いてあった
    なぞの袋を手に取り
    帰っていきました(笑)

    (ルームランナーについている
    タイマーで見てたので
    おじさんの運動時間は正確です(笑))

    もう何なんでしょうね・・・
    さすがに呆れて笑ってしまいました。

    マーケッターならやっておくと良い
    その人の背景を考えるストーリー遊び

    でも、ここでね
    僕がマーケッターとして気になって
    考えたのが・・・

    おじさんの感情なんですよね

    運動したくないおじさんを
    ジムに行かせるほどの影響力を持った人物とは?

    まず、考えたのは
    この運動したくないおじさんを
    ジムにまで来させるほどの
    影響を与えた人は誰なのか?

    これは、おそらく
    奥さんかその他の家族かなぁ
    と思いました。

    僕の想像はこうです。

    「あんた!いい加減、
    運動でもして痩せなさいよ!」
    とでも言われて

    おじさんは、渋々ジムへとやって来た。

    ジムでおじさんが感じていた感情は?

    ただ、おじさんは運動をしたくない
    (むしろ、すぐにでも帰りたい)

    そのため、おじさんは
    ひたすらゲームをしていた。

    そして、ジムに行ったという
    既成事実を作って帰ろうとしていた。

    しかし、1時間以上も
    ジムで運動していたにもかかわらず
    汗ひとつかいていないのは
    家族から見ると明らかにおかしい

    そう思って
    2~3分だけエアロバイクを漕いで
    少しだけ汗をかいて
    シャツの脇の部分に汗ジミをつくり

    おじさんは帰っていった。

    どうだ!
    お前のやったことは
    全部すべてまるっとどこまでもお見通しだ!

    (20世紀少年などで有名な
    堤幸彦監督のドラマ『TRICK』で
    仲間由紀恵が犯人に言う決め台詞)

    誰からの影響で、どんな行動をとって
    どんな感情を抱いているのかを想像する

    ・・・え~はい(苦笑)

    こんなふうに人の頭の中で
    どんな会話がおこなわれているのか?

    誰からの影響を受けて
    その行動をするに至っているのか?

    そして、どんな感情を抱いているのか?

    こういったことを
    常に意識して考えることで
    お客さんに対しての理解も深まり

    マーケッターとして成長できますよ。
    (社長の仕事はマーケティングなので
    あなたもマーケッターですよ!)

    特に誰の影響を受けているのか?は
    交渉やセールスで非常に役に立ちますし、
    (交渉は、影響を与えている人を
    味方につけると良い)

    頭の中の会話や感情は
    もろに広告やマーケティングに
    影響を及ぼしますからね

    トップコピーライター
    ジョン・カールトンも薦めているトレーニング

    ぜひあなたも
    街で気になった人が
    どんな背景を持っているのか?を
    ストーリー仕立てで考えてみてください

    (これ、世界トップクラスのコピーライター
    ジョン・カールトンも言ってたなぁ・・・

    「レストランやカフェなどで
    あなたの隣のテーブルに座った人の
    ストーリーを想像しろ!」って
    (うろ覚えですが・・・))

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    P.S.
    減量が終わったのに
    なぜかいまだに
    じわじわと痩せ続け

    もうちょっとで
    体脂肪率が12%になります。
    (まぁ、あんなもん誤差まみれで
    全然、あてになりませんけどね・・・)

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す