スティーブ・ジョブズのスピーチに学ぶ、問題解決力を鍛える方法

    From:西田貴大(香川県のマーケティングコンサルタント)

    なぜ、まったく興味のない分野の
    本を読むべきなのか?

    つい先日・・・

    自分の知識の幅を
    広げるために

    普段は、まったく読まない分野の
    本を読みに図書館へ行きました。

    そして・・・

    『はじめての茶の湯』と
    『男の着物 練達への近道読本』
    という本を借りてみました。

    (もちろん
    茶道を始める気も
    着物を着る予定もないです(笑))

    この2冊を選んだ理由

    では、なぜこの本にしたのか?

    それは・・・

    茶道のお客さんをもてなす精神が
    ビジネスに必要な貢献のマインドと
    通じるものがあるのではないか?
    と思ったからです。

    着物に関しては

    裁縫の本とか
    まったく興味がない分野にしてみようか
    と思ったものの・・・

    あまりにも興味が湧かな過ぎて
    読める気がしなかったので

    若干、興味があった着物にしました。

    この2冊から
    どんなことが学べて
    ビジネスにどう応用できるのか
    楽しみです。

    まったく別のものをつなぎ合わせる
    クリティカル思考とは?

    こういった
    まったく別の物をつなぎ合わせて
    関連性を見いだす能力を
    クリティカル思考と言います。

    クリティカル思考を身につけることで
    問題解決力が鍛えられる

    このクリティカル思考は

    好奇心を持って
    気になったことを調べたり、質問をしたり
    興味がない分野の雑誌を読んだり
    することによって鍛えられる・・・

    と・・・
    ジェイ・エイブラハム先生の本に
    書いてあります(笑)

    これにより
    問題解決力が養われる
    ・・・と

    この、
    一見、関係ないようなものに
    関連性を見い出す

    つまり、点と点を
    繋げることの重要性は

    スティーブ・ジョブズも
    有名なスタンフォード大学の
    スピーチで述べていますね。

    以下に、一部引用します。

    スティーブ・ジョブズの
    スタンフォード大学での伝説のスピーチ

    リード大では当時、
    全米でおそらくもっとも優れた
    カリグラフの講義を受けることができました。

    キャンパス中に貼られているポスターや棚のラベルは
    手書きの美しいカリグラフで彩られていたのです。

    退学を決めて必須の授業を受ける必要がなくなったので、
    カリグラフの講義で学ぼうと思えたのです。

    ひげ飾り文字を学び、
    文字を組み合わせた場合の
    スペースのあけ方も勉強しました。

    何がカリグラフを
    美しく見せる秘訣なのか会得しました。

    科学ではとらえきれない伝統的で
    芸術的な文字の世界のとりこになったのです。

    もちろん当時は、
    これがいずれ何かの役に立つとは考えもしなかった。

    ところが10年後、

    最初のマッキントッシュを設計していたとき、
    カリグラフの知識が急によみがえってきたのです。

    そして、その知識をすべて、
    マックに注ぎ込みました。

    美しいフォントを持つ最初のコンピューターの誕生です。
    もし大学であの講義がなかったら、
    マックには多様なフォントや
    字間調整機能も入っていなかったでしょう。

    ウィンドウズはマックをコピーしただけなので、
    パソコンにこうした機能が盛り込まれることもなかったでしょう。

    もし私が退学を決心していなかったら、
    あのカリグラフの講義に潜り込むことはなかったし、
    パソコンが
    現在のようなすばらしいフォントを備えることもなかった。

    もちろん、
    当時は先々のために点と点をつなげる意識などありませんでした。

    しかし、いまふり返ると、
    将来役立つことを大学でしっかり学んでいたわけです。

    繰り返しですが、
    将来をあらかじめ見据えて、
    点と点をつなぎあわせることなどできません。

    できるのは、
    後からつなぎ合わせることだけです。

    だから、我々はいまやっていることが
    いずれ人生のどこかでつながって
    実を結ぶだろうと信じるしかない。

    運命、カルマ・・・、何にせよ
    我々は何かを信じないとやっていけないのです。

    私はこのやり方で後悔したことはありません。
    むしろ、今になって大きな差をもたらしてくれたと思います。

    スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業式でのスピーチより引用

    以上、引用終わり。

    おわりに

    さて、今回の話は
    いかがでしたでしょうか?

    この
    スティーブ・ジョブズのスピーチや
    ジェイ・エイブラハム先生の話を参考に

    あなたも
    問題解決力を養うために

    点と点を繋げる
    クリティカル思考を
    鍛えてみては?

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    P.S
    最近、哲学?の
    シミュレーション仮説
    というものを聞きました。

    このシミュレーション仮説は
    「この世界は仮想現実である」
    という説なんですが・・・

    説明を聞いているうちに
    今まで学んできた

    相対性理論、量子力学、ひも理論、
    『思考は現実化する』などの自己啓発、
    スピリチュアル、言霊、etc・・・

    それらが全部つながって
    「あぁ、そういうことね」と
    ストンと腹落ちしました。

    仮想現実とする説が
    真実かどうかは
    どうでもいいとして
    すごく気持ちのいい瞬間でした(笑)

    P.P.S
    もし、本当に仮想現実なら
    ゲームのように
    攻略法があるってことですね。

    P.P.P.S.
    まぁ、お金を稼ぐ方法にも
    原理原則がありますから
    それがこの世界の
    攻略法なのかもしれませんね・・・

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す