茶道の本から学んだ、ビジネスに役立つマインドとは?

    From:西田貴大(香川県のマーケティングコンサルタント)

    今日は、
    先日図書館で借りた
    『はじめての茶の湯』
    から学んだことをシェアします。

    正直、この本から
    ビジネスにつながることを学べる
    とは思いませんでしたが(笑)

    かなり苦労して
    何とか見つけました。

    本を読んで
    まず思ったのは・・・

    茶道って
    することがいっぱいあるんだなぁ・・・
    でした。

    茶道の奥深さ

    僕の勝手なイメージでは

    堅苦しい感じで
    お茶をいただいて
    お茶菓子を食べて
    みたいな感じだったのですが(失礼)

    そんな単純な話じゃなくて
    工程がすごいあるんですよ

    やることがかなり多い

    まず最初に
    部屋への入り方から始まって
    どこに座るか?だったり
    いろいろと作法があります。

    そして、まったく知らなかったのですが・・・
    途中で食事をしたり、
    お酒を飲んだりもします。
    (しかも、食べる順番が決まっています)

    さらに、初めて知ったのが
    お茶は1杯ではないということ

    「濃茶」と「薄茶」
    というのがあって

    それぞれ違う飲み方で
    飲むんです。

    飲んだ後も
    茶器を拝見したりと
    かなりやることが多いのです。

    一つ一つの所作が洗練されている

    そして、さすが
    「道」という字が付いているだけあって
    一つ一つの動きに意味があり
    それぞれが洗練された動きで

    茶道の所作を身につけることにより
    指先の動きまで
    注意を払うようになり

    日常の振る舞い一つ一つが
    美しく見えるようになっています。

    どんなことでも
    決して手を抜かないこと

    んで、
    結局、この本で
    何を学んだのかというと・・・

    『一つ一つのことに、手を抜かない』
    ということ

    当たり前のことなんですが
    これがなかなかできてないですよね

    もし、茶道で
    一つの動きに手を抜いたら・・・

    先ほども言ったように

    茶道の動きは
    ひとつひとつの動きに
    無駄がなく

    とどこおるところがない
    流れるような動きで
    洗練された美しい所作です。

    でも、これが一つでも
    手を抜いてしまっていたら
    どうでしょうか?

    きっと流れるような
    洗練された美しさは
    無くなるでしょう

    ビジネスで手を抜いた対応をしてしまうと・・・

    ビジネスも同じで

    お客さんへの
    対応やフォローなんかも
    手を抜いていると

    それが伝わって

    お客さんは
    大切にされていると感じられなくなり
    去って行ってしまいます。

    トップマーケッター達はこうしている

    実際、マーケティング業界の
    トップの人達も
    購入後のフォローなんかが
    徹底されています。

    (つい先日も、手書きのお手紙や
    プレゼントをいただきました)

    手間はかかりますが・・・
    (手紙はアシスタントが書いてたけど(笑))

    お客さんとの絆を作るためにも

    『当たり前のことを当たり前にやる』

    これが重要ですね。

    手を抜かずに、
    手間をかけることで得られるもの

    手を抜かずに、
    たくさんの手間をかけることによって
    お客さんが感動するサービスが生まれ

    お客さんは、
    「あなたからしか買いたくない」というほど

    あなたのビジネスに愛着を持ってくれ
    リピートを繰り返してくれます。

    ビジネスを繁栄させるためには
    いかにリピートしてもらうか?が
    とても重要な要素なので

    一切、手を抜くことなく
    お客さんが感動するほどの
    サービスを提供して

    あなたのビジネスの
    熱狂的なファンになってもらいましょう

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す