アイドルに学ぶ、成功する新規事業のビジネスモデルとは?

    From:西田貴大(香川県のマーケティングコンサルタント)

    先日、
    タワーレコードに寄った際に
    知ったのですが・・・

    地名 + 数字の
    アイドルユニットが
    僕が住んでいる地域にも居たのです。

    その名もSTU
    瀬戸内の略だそうです。
    (STUで「瀬戸内テロユニット」に
    見えたのは、プロレス好きだからか・・・)

    もう、この系列のアイドル
    あっちこっちに居ますよね
    (何番煎じだ?)

    なぜ人気アイドルグループの
    拡大戦略は成功しているのか?

    実は、この方式・・・
    新規事業の始め方としては大正解

    なぜかというと・・・

    一度、成功したビジネスモデルは
    そのままコピーすれば
    成功する確率が高いからです。

    絶対にやってはいけない新規事業の始め方

    多くの場合、
    新規事業を始めるとなると何故か

    自分が精通している領域からまったく離れた
    事業を始めてしまう人がいます。
    (飽きたからなのか?隣の芝生は青く見えるのか?)

    例えば、
    今まで飲食店で大成功していたのに

    突然、ホームページ制作会社を始めたり
    (普通、こんなに極端なことはないですが
    あくまで、分かりやすいように挙げたまでです(笑))

    こうなってくると
    顧客層も商品も売り方も
    まったく違ってくるので

    どれだけマーケティングに
    精通していたとしても
    うまくいかせることは難しいでしょう。

    このように
    自分の精通している分野から
    離れれば離れるほど
    その事業が成功する確率は低くなっていきます。

    ビジネスモデルが同じだから
    失敗することが少ない

    では、このアイドルグループの場合は
    どうなのかというと・・・

    全く同じビジネスモデルを
    別の地域の、同じ顧客層に向けて
    売るだけなので

    違いは地域のみ

    新規顧客の集め方、利益の出し方など
    他の要素はすべて同じです。

    グループ全体のブランドがあるので集客も簡単

    しかも、今まで作ってきた
    グループのブランドがあるので
    系列というだけで
    知名度は高くなり

    新規の集客は
    最初の頃よりも
    はるかに簡単です。

    成功する新規事業のポイント

    とまぁ、このように
    新規事業を始める際は

    今までやってきた既存のビジネスから
    どこか1つだけズラすというのがポイントです。

    少しズラしたビジネスモデルの作り方

    分かりやすいように
    成功しやすいズラし方の例を挙げると・・・

    既存の商品を新しい顧客層に売るか?

    新しい商品を既存の顧客層に売るか?

    この、どちらか2つですね。

    間違っても新しい商品を
    新しい顧客層に売ろうとはしないでください。

    おわりに

    以上、今回は新規事業を始める際に
    気をつけるポイントについてお話ししてきました。

    もしあなたが
    新規事業を検討している場合は、
    これらのポイントに注意して
    検討してみてくださいね。

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    P.S.
    ちなみに地名 + 数字系の中で
    僕が好きなのは

    ジ・アンサーこと
    アレン・アイバーソンがいた頃の
    フィラデルフィア・76ersですね。

    彼の小柄ながらキレッキレのドリブルが・・・

    えっ?
    「それはアイドルじゃなくて
    バスケットボールチームだろ!」
    って(笑)

    いやいや、
    世間一般のアイドルのイメージとは違いますが
    アイバーソンは、確実に僕のアイドルですよ(笑)

    (アイドルとは、「偶像」「崇拝される人や物」
    「あこがれの的」「熱狂的なファンをもつ人」を意味する英語)

    まぁ、バスケやったことないんですけどね・・・(笑)

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す