お金をかけずに広告ができる秘密のマーケティング方法とは?

    From:西田貴大(香川県のマーケティングコンサルタント)

    世界的彫刻家イサム・ノグチの展覧会へ

    先日、
    高松市で行われている

    世界的彫刻家
    イサム・ノグチの
    展覧会を見に行った時のこと

    すべて展示物を見終わって

    正直、彫刻を見るのは
    初めてだったので
    「あんまり分かんなかったなぁ」
    とか思いつつ

    一応、行った記念にと思い
    展覧会のチラシをもらって
    会場を後にしました。

    行きつけの服屋さんへ・・・

    その後・・・

    高松へ行った際には
    必ずお邪魔する
    行きつけの服屋さんへと
    向かいました。

    すると・・・

    お店に入るなり
    オーナーさんが

    「今日、ライブですか?」
    (いつもライブ前に寄っているので)

    僕「いや、ちょっと美術館行ってたんですよ」

    オーナー
    「え~どこ行ってたんですか?」

    僕「えっと、香川県立ミュージアムです」

    オーナー
    「イサム・ノグチ!?」

    僕「そうです。」

    オーナー
    「あれ、すごい行きたいんですよ!!」
    「でも、なかなか時間が取れなくて」

    と、どうやらオーナーさんは
    イサム・ノグチの大ファンのご様子

    オーナーさんが
    あちこち探したけれど
    どうしても手にいれらなかったもの

    お話を伺っていると

    展覧会が開かれると知った時には
    すぐにイサム・ノグチ展の関連本を
    本屋さんに買いに走るほどの熱の入りようで

    展覧会関連のものは
    すべて欲しいみたいでした。

    でも、たった1つだけ
    どうしても手に入れられない
    展覧会関連の物があると言います。

    それが『展覧会のチラシ』
    (まぁ、行けばあるんですが・・・)
    関連本を売っていた本屋さんにも

    駅にも空港にもどこにもなかった
    とのことでどうしても欲しがっていました。

    「記念に」と、もらったチラシが
    僕が欲しいものに変わる

    そして、
    オーナーさんが欲しがっている
    そのチラシは現在・・・

    記念にと
    なんとなく貰ってきて
    僕のカバンの中にあります。

    なので
    「これ、よかったらどうぞ」
    とお渡ししたところ

    もの凄く喜んでいただきました。

    与えよ、さらば与えられん

    そして、
    そのお返しにと

    僕のお気に入りのブランドの
    ステッカーを3枚も頂きました。
    (非売品?っぽいものも)

    (『与えよ、さらば与えられん
    本当でしょ(笑))

    お金をかけずに欲しいものを
    手にいれることができるバーターとは?

    結果的に
    お互いが欲しいものを
    物々交換した感じですね。

    というわけで今回は、
    お金をかけずに欲しいものを手に入れる
    『バーター(物々交換)』のお話。
    (前置きがやたら長いな(笑))

    お金がなくても相手が欲しいものと
    あなたが欲しいものを交換すればいい

    あなたは何か必要なものがあった時に

    それをお金で買うのが
    当たり前だと思っていませんか?

    でも実は、お金がなくても
    取引はできるんです。

    要は、相手が交換してもいいと
    納得できるぐらいの価値のものを
    提供できればいいので

    それがお金という形ではなく
    商品・サービスだったとしても
    構わないわけなんです。

    実際、お金が存在しなかった時代の
    取引はすべて物々交換でしたよね。

    バーターのメリット

    では、このバーター(物々交換)をした場合に
    どんなメリットがあるのかというと・・・

    あなたは実際の価格よりも安く
    欲しいものを手に入れることが出来ます。

    お金がなくても広告を出せる

    例えばあなたが広告を
    出したいとしましょう。

    費用は10万円とします。

    あなたは、交渉の末に
    余っている広告枠10万円分を

    あなたが売っている商品
    10万円分とバーターすることに
    成功しました。

    あなたが払った、実際の金額は?

    この場合、
    あなたが広告に使った金額は
    いくらになるでしょうか?

    10万円・・・
    ではないですよね?

    このバーターで
    あなたが実際に使ったのは

    10万円分の商品の
    原価分の金額です。

    これが例えば、
    粗利率が7割の
    商品だったとすると・・・

    この広告を出すために
    あなたが実際に支払った金額は
    原価の3万円だけです。

    支払いをバーターにするだけで
    大幅割引を受けられる

    支払いを
    バーターという形にするだけで

    あなたは、普通に買うと
    10万円する広告枠を
    実質3万円で手に入れることができたのです。

    どうです?
    だいぶ得するでしょ?

    そして、これは
    相手側も同じです。

    広告を売っている側からしても
    元々原価がかかっていないものを
    交換しているわけなので
    損はしていないわけです。

    バーターの注意点

    ただ、このバーター・・・

    相手がそういう発想を
    持っていないことが多いため
    交渉は、結構苦労します。

    交渉をする際のポイントとしては
    『相手が欲しいものを与える』

    やはり、これに尽きると思います。

    広告を売っている人が欲しいものとは?

    例えば、この広告の事例で言うと

    広告を売っている側からすると
    期限内に広告枠を売れなければ
    何の利益も得られないわけです。

    テレビのCMなんかでも
    放送時間を過ぎてしまえば
    その枠を買う人なんていないので
    何の価値もないですよね。

    なので
    そうなってしまうよりかは
    お金じゃなくても
    他の何かと交換した方が得なんです。

    大事なのは、しっかりとリサーチをして
    相手のことをよく知ること

    こんな風に
    相手が今、どういう状況なのか?
    どういうものが欲しいのか?
    ということを

    相手の立場になって考えてみる必要があります。

    もし、相手が欲しいものを
    あなたが持っていない場合は・・・

    そして、もし
    相手が必要としている物を
    あなたが持っていなくても
    諦めないでください

    別に、あなたが持っていなくても
    それを持っている人のところに行って

    その商品とあなたの商品を
    交換してくればいいだけです。

    今までの考え方の枠から離れて
    もっと自由な発想をしてみてください。

    おわりに

    以上、
    いろいろ難しいところはありますが・・・

    このバーター
    困ったときの選択肢の一つとして
    頭に入れておいてみてはいかがでしょうか?

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    P.S.
    ちなみにバーターは税金がかかります。
    その点はしっかりと注意しておいてください

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す