最新のテクノロジーの驚異的な進歩に負けないビジネスの生存戦略

    From:西田貴大

    2020年代に起きる怒涛の変化とは?

    この記事は、マーク・ジョイナーの
    3秒で売れるオファー構築セミナー後に、

    筋トレに行って、
    なおかつ、深夜の寝る前に
    書いています。

    つまり、セミナーのワークで、
    脳みそ引きちぎれそうな状態で、
    筋肉が引きちぎれそうなくらい
    追い込んだ後に・・・

    鶏むね肉の皮を引きちぎって料理をして、
    ヘロヘロの状態で書いております。

    だから、自分でも
    何を書いているか?
    さっぱりわかっておりません(笑)

    だから、この記事が
    「ネット回線を引きちぎったろか!」
    と思うような内容であっても
    寛大な心で許してください・・・(笑)

    オファーの天才であり、元軍人という経歴から
    テクノロジーに詳しいマーク・ジョイナーが
    高額なセミナーで話していた未来予測

    ということで事前の注意はさておき、
    今日はマークがセミナーで話していた
    2020年代に世界はどうなるのか?
    という話をシェアしていこうと思います!

    って、ちょっと待てよ!と、、
    マーク・ジョイナーのセミナーの内容って・・・

    そんなそこそこ大きい金額のセミナーで
    マークが言ったことを話してもいいのか?
    と思われるかもしれませんが、

    中盤に少しだけ挟んだ内容の一部であり、
    なんだったらマーク自身が
    見込み顧客獲得用の無料のセミナー(英語のみ)
    で普通にタダで話してるやつだから大丈夫よ!

    というわけでLet’s GO!
    (ヘロヘロの深夜の脳みそで
    テンションおかしいね(笑))

    ここから先のテクノロジーの進歩を
    しっかりと観察しておくこと!

    まずね・・・

    (「まず」というか
    この話しかしないんだけど・・・)

    テクノロジーの進歩がとにかくすごい!

    なので、その戦場を
    しっかりと見ておくように!と、
    マークは言っていました。

    今はテクノロジーの成長の
    急成長する直前の段階にいると、
    (ブレイクスルー曲線の横ばいで来てた線が
    真上に上がりだす寸前のところ↓)

    コンピューターの性能は1年半ごとに倍になるという
    ムーアの法則が他の業界のテクノロジーにも起きている!

    んで、ムーアの法則
    ってあったでしょ?

    (あったんですよ!(笑)
    (知らんわ!って言わないでね!))

    コンピューターの性能は、
    18か月ごとに倍になるってやつ・・・

    あれ、今は半導体の技術が頭打ちで
    ほとんど伸びてないみたいなんですけど、

    (だから、新しいPCと
    1~2年前のPCは誤差くらいしか
    変わらないとのこと)

    今度は別のいろいろな業界で、
    その法則にしたがった動きが
    次々と起きていて、

    その進歩が凄まじいそうな・・・

    人々の脳に入ってくる1日の情報量がとんでもないことに・・・

    そして、5日のうちに
    人間の脳に入る情報量が、

    Googleが登場したころには
    5エクサバイト(500万テラバイト)
    だったのが・・・

    2003年の時点ですでに
    たった1日でその情報量と
    同じ量が入ってきていたと・・・

    となると、スマホが出てきた今は・・・

    まぁ・・・考えられないような
    とんでもない数字になってますよね~(笑)

    ほとんどの仕事がAIにとって代わられようとしている

    にとって代わられようとしているそして、自動運転だけでなく
    トラックもロボットに運転させて、

    ファストフード店もロボットが
    オペレーションをやるようになるそうです。

    しかも、このコロナ影響で
    その進歩の速度が加速しているとか・・・

    まぁそうなると、
    もうだいたいの仕事は、
    AIがこなすようになっていきますよね~。

    (すでに6年前の時点で、
    ほぼすべての仕事をAIに置き換えることは
    技術的に可能という情報を得ています
    (あえて置き換えずに残されている))

    5Gにクォンタムコンピューター、ナノマテリアルと
    とてつもない技術が次々と・・・

    あと5Gね!

    今はスマホでウーバーを呼んでるけど、
    5Gが広まった世界では端末が必要なくなって、

    そこら辺のカメラの顔認証により、
    ウーバーを呼びたいとつぶやいたら
    すぐに呼んでくれるようになるとのこと・・・

    うん、便利!(そして怖い)

    そして、クォンタム(量子)
    コンピューターというのができて、

    スーパーコンピューターが
    100万年かかってやることを
    たった30秒でやるんだとか・・・

    あと、グラフェンっていう
    ナノマテリアルができてきていて、
    (あの、普通に書いてますけど、
    僕ももはや意味わからへん・・・)

    コンピューターは折りたためるわ(薄い)、
    自転車は片手で持てるわ(軽い)、
    生体センサーで体調が分かるわと、
    いろんな技術の映像のオンパレード!!

    3Dプリンターもここまできた!

    さらには、去年、
    3Dプリンターで
    爆弾搭載のドローンを作って、

    ベネズエラの首相を狙った
    テロリストが居たんだとか・・・

    (間一髪のところで助かったみたい)

    指数関数的にテクノロジーが進化していく現代で、
    ビジネスで生き残るために我々がやるべきこと

    そんなわけで、
    変化の速度が指数関数的になり、

    トレンドがナノ秒単位で
    ひっくり返るこれからの世界で、
    我々が生き延びるためにやるべきことは・・・

    変化をし続けるってことですよ!

    スキル・知識・健康は、
    どれだけテクノロジーが進歩しても
    なくなることはない

    まず重要な資産である
    スキル・知識・健康に投資をしておき・・・

    手に職じゃなくなってきている世界で、
    業種の固定観念を手放して、
    ビジネスモデルをその変化に
    合わせていくことが重要です。

    YouTubeがビジネスの戦略を転換して大成功した経緯

    たとえば、YouTubeは元々、
    オンラインデートのサイトでした。

    でもやっぱり、
    実際に会うのとは違うので、
    このビジネスはうまくいかなかった。

    しかし、ビデオのストリーミングの
    システムとしてはいいものができたので、

    それをそのまま、
    動画のストリーミングサイトに
    方向転換(ピボット)をしました。

    それで、今や誰もが知る媒体になったわけです。

    変化についていけなくて失敗しても、
    今までに培ってきたものを別の方向に使うことで、
    新しいビジネスに方向転換することでうまくいく

    ここで大事なことは、
    変化についていけなくて失敗しても、
    ビジネスを1から作り直すのではなく、

    今までに作ったものをうまく活用して
    ビジネスモデルを方向転換することで、
    新たなビジネスを生み出せるということです。

    (富士フィルムがフィルムの技術を活用して
    化粧品事業に参入したのと一緒)

    だから、変化を恐れるのではなく、
    変化の波に身を任せ、
    その波に乗って柔軟に対応していきましょう!

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す