キングコング西野さんのマーケティングがスゴイ理由

    From:西田貴大(香川県のマーケティングコンサルタント)

    この間、ネットのニュースを
    見ていたところ・・・

    キングコング西野さんが
    現在、ニューヨークで個展を
    開催されているみたいですね。

    個展は、ベストセラー中の絵本
    『えんとつ町のプペル』を
    中心としたもので

    なんでも、初日には
    2,000人以上もの人が来場したようです。
    (ニューヨークでですよ!)

    西野さんはマーケティング業界で話題の
    優れたマーケッター

    彼、実は・・・
    かなりすごいんです。

    彼は、おそらく世界一の絵本作家になる!

    僕は昨年、
    あるマーケティングのセミナーで
    登壇されてた時に

    初めて西野さんのお話を
    伺ったんですが・・・

    正直、お話を聞く前は
    「芸人さんでしょ」と
    ちょっと舐めてたんですが・・・

    お話を伺っていると
    彼は、優れたマーケッターでした。

    僕は、おそらく
    あのマーケティング力があれば
    彼は将来、世界一の絵本作家に
    なるのではないかと思っています。

    西野さんは絵本の
    売り方(マーケティング)がスゴイ!

    特に、僕が西野さんのことを
    「すごいな!」と思ったのは、
    その絵本の売り方なんです。

    セミナーで話を聞いていると・・・

    「いや~その発想は無かったわ!」と
    僕は、思わず感心させられました。

    どう、すごかったのか?というと・・・

    西野さんは、普通の絵本作家と同じ
    作り方・売り方をやっていたのでは
    絶対に勝てないと悟って

    まったく新しい絵本の売り方
    (マーケティング方法)を
    開発したんです。

    いったいどうやったのかというと・・・

    方法は2つありました。

    1.絵本のカテゴリーを変えた

    まず、西野さんがやったのが
    「買うもの」と「買わないもの」を
    カテゴライズすることでした。

    その時に西野さんは、
    絵本のような作品は

    普通に売っていたのでは
    自分なら買わないということに
    気づきました。

    では、人は何にだったらお金を出すのか?

    では、逆に
    人は何にだったら
    お金を出すだろう?と考えて

    その結果・・・出た答えが

    『思い出にはお金を出す』
    というもの

    思い出にお金を出してしまった事例

    例えば、よく旅行先なんかで
    「記念に」とか言って

    普段は、絶対に使わないような
    訳の分からないものを
    買ってしまったりしますよね?

    実際、西野さんも
    旅行先でペナントなどを
    買った話をされていました。

    (「普段、生活してて
    よっしゃ!そろそろペナントでも買おか!
    なんて1回も思たことない」って(笑))

    で、その経験をもとに、
    西野さんが辿り着いた結論が・・・

    『お土産にすれば人は買う』
    というもの

    西野さんは、絵本を個展のお土産として売り始めた

    そして、その結論から
    西野さんは

    絵本の原画展を開催し
    そのお土産として絵本を売る
    という

    まったく新しい
    絵本の売り方を開発し、
    現在のベストセラー絵本作家の地位を
    手に入れたというわけです。

    そして、なにより
    この販売の仕組みがすごいのが・・・

    お土産は、
    飽きがくるものではないので
    原画展の仕組みを回し続ければ
    ずっと売れ続けるということ

    いや~これには感心しましたね。

    そして、もう1つ
    西野さんがやった手法が・・・

    2.絵本の作り手を増やした

    西野さんの絵本は
    今まで絵本業界には無かった
    分業制を取り入れて書かれています。

    なぜ、絵本業界には
    今まで分業制がなかったのか?というと、

    ただ単純にお金がなかったから
    というのが理由なんですが・・・

    その問題を解決するため、
    そして、とある狙いを実行するために

    西野さんは
    クラウドファンディングで
    資金を調達する
    という手段を使いました。

    たくさんの人を巻き込むことで絵本を買う人も増える

    西野さんは
    このクラウドファンディングで
    どんなことを狙ったのかというと・・・

    普通、本を書くと
    必ず1冊(自分の分)は
    売れますよね?

    そうすると、
    2人で作った本は
    最低2冊は売れる

    という計算が成り立ちます。

    そのことに気づいた西野さんは
    クラウドファンディングを使って
    多くの人を製作に巻き込むという
    方法を取ったのです。

    そして、集まった人数は1万人・・・

    クラウドファンディングで
    たくさんの人を巻き込んだ結果・・・

    その結果は?というと・・・

    絵本の販売部数は、
    西野さんの狙い通り
    1万人で作ったので
    予約段階で1万部が売れました。

    そして、その1万人が
    宣伝をしまくってくれたので
    (自分が制作に関わった商品ができたら
    やっぱり周りの人に紹介しますよね)

    絵本は30万部ものベストセラーになりました。
    (これ、すごい発想ですよね)

    そのセミナーで
    西野さんは、こう言っていました。
    『作り手を増やすことが1番の広告』
    だと

    いかにして作り手を増やすか?を考える

    そして次に、西野さんは
    いかに作り手を増やすか?を考え
    著作権をフリーにしてみました。

    すると・・・

    えんとつ町のプペルに関する商品が
    いろんなところで勝手に作られ
    (大人のDVDも作られたらしい(笑))

    えんとつ町のプペルの
    知名度も大幅に上がり

    絵本が西野さんの手元を離れて
    勝手に走り出して行ったのです。

    その結果・・・
    現在では海外で出版されたり
    2020年にはアニメ映画が公開予定だそうです。

    映画が公開されれば絵本が売れ
    さらに、原画展の仕組みももっと回る

    映画が公開されれば
    さらに絵本は売れるでしょうし、

    原画展に訪れる人も増えるので
    このまま行けば
    彼が世界一売れた絵本作家になるのも
    そう遠い話ではなさそうですね。

    おわりに

    以上、西野さんがやった手法は
    彼のようなビジネスだけではなく

    他のビジネスでも応用できる
    マーケティング戦術なので

    ぜひ、マネして
    自分のビジネスに
    取り入れてみてくださいね。

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す