隠れた資産を活用し会社の売上を急激に上げる方法

    目次

    From:西田貴大

    さてさて、今回は・・・

    またまた恒例企画の
    ハードディスクに録りためた
    ビジネス系番組を見て

    学んだこと・気付いたことを
    紹介していきま~す。

    (この企画・・・
    いったい、いつまで
    続くんやろ・・・(笑)

    時間がめちゃくちゃかかるから
    ものすごくキツイけど、
    録画機器がもう限界なので
    はやいこと処理しないとなぁ・・・)

    とある会社が見つけた
    短期間で売上を上げる方法とは?

    さて、今回の企業は・・・

    ある有名カラオケチェーン

    その、とあるカラオケチェーンが
    2017年4月にあるプランを
    始めたことがきっかけとなり

    売上をわずか9ヶ月で
    28億円も上げることに成功し、
    利用客も200万人も増えた
    といいます。

    たった9ヶ月で売上を
    28億円も上げることができた
    カラオケチェーンとは?

    そのカラオケチェーンとは・・・

    『ビッグエコー』

    (有名とか言いながら
    名前を聞いたことがあるだけで
    地元には、まねきねこしかないから
    実はよく知らない(笑))

    ビッグエコーのオープンからこれまでの経緯
    (本社の株式会社第一興商は除く)

    ビッグエコーは
    1988年、福岡で1号店をオープン
    (関係ないけど同い年(笑))

    その後・・・

    北海道から沖縄まで店舗を増やし続け
    現在、490店舗で(19年1月のデータ)
    日本で2番目の店舗数を誇るカラオケ店です。

    (僕が見た番組の放送時(17年)では
    店舗数1位だったようですが・・・
    まねきねこに逆転されたようです)

    最新のカラオケルームのすごい設備とは?

    ちなみに、
    そんなビッグエコーにある
    最新のカラオケルームは
    すごいことになっていて、

    部屋の壁に、映像と歌詞が表示され
    ライブ会場さながらの雰囲気で
    楽しめるようになっていて
    迫力満点のカラオケが楽しめます。

    とはいえ・・・短期間で28億円も売上を
    上げることができた方法は、これではない!

    が・・・

    もちろん
    28億円も売上を上げることに
    成功したのは、それが原因ではない!

    カラオケ業界の現状・・・

    そもそも、カラオケ業界自体は
    94年をピークに利用人口が減少していて
    横ばい状態が続いているんだそうで

    そんななかでも
    ビッグエコーの売上は
    右肩上がりなんだそう

    クイズ!ビッグエコーが
    たったの9ヶ月で売上を28億円も
    上げることができた方法とは?

    では、いったいどんなことをして
    たったの9ヶ月で売上を28億円も
    上げることができたのでしょうか?

    その方法・・・
    めっちゃ気になりますよね?

    なので、クイズにします(笑)

    9ヶ月で28億円も売上を上げる方法のヒント

    では、ヒントから・・・

    その方法を予想するためのヒントは・・・

    実は、ビッグエコーは
    売上を上げるために特別なことは
    なんにもしていないんですよねぇ

    やったことは
    既存のカラオケのルームを
    そのまま使う形なんですが・・・

    カラオケルームの使い方で
    ちょっとした工夫をしました。

    当時のビッグエコーの売上の7割が
    夜間帯で昼間の稼働率が低かった

    では、答えを予想しながら
    続きを読んでくださいね
    (といっても、いろんな番組で
    紹介されてたから有名かも・・・)

    その当時、ビッグエコーさんは
    昼間のルームの稼働率を
    どうにか上げられないか?
    と考えていたんですね

    というのも
    ビックエコーの売り上げの7割は
    19時から閉店までの夜間帯が占めていて

    昼間は利用客が少ないかった
    この昼間の稼働率を上げることが
    長年の課題だったわけです。
    (ビッグエコーだけじゃなく業界全体のね)

    ある方法で、昼間の稼働率がアップしたことで
    売上が28億円も上がるという結果に・・・

    しかし、17年4月

    カラオケルームのメリットを活かした
    新たなプランを導入したことで

    昼間の稼働率がアップし、
    それが28億円という
    売上の急激なアップにつながりました。

    そして、そのプランの利用者が
    1番多いのは・・・
    『品川(ビジネスマンが多い)』

    クイズ!たった9ヶ月で売上を
    28億円も上げることができた方法!
    その正解は?・・・

    さぁ、答えは思いつきましたか?
    正解を発表しますよ!

    その新たなプランとは?・・・

    CMのあとで・・・
    (このボケ、前もやったなぁ・・・)

    コホン、
    え~失礼いたしました(笑)

    では、改めまして
    その売上を急上昇させた
    新たなプランとは?・・・

    『部屋を会議室として貸し出し
    ビジネスマンの利用を増やした。』

    です!

    このプランの導入で、
    ビジネスマンの利用が約5倍に増えた!

    平日の昼間限定で
    部屋を会議室として貸し出す
    その名も・・・ビジネスプラン!
    (うん、なんのひねりもないネーミング)

    このビジネスプランは大人気で、
    このプランを導入後・・・

    ビジネスマンの利用者数が
    約5倍に増えた店舗もあるそうです。

    なぜ、この新しいプランが大ヒットしたのか?

    しかし、この話を聞くと・・・

    「会社に会議室があるのに
    なんでわざわざビッグエコーで
    会議をしているの?」って思いません?

    大ヒットしたポイントは
    営業マンたちの仕事の仕方!?

    それは、なぜかというと・・・

    ちょうどビジネスプランを利用していた
    IT企業の営業マンの方たち曰く

    「みんなバラバラのお客さんがいて
    バラバラの場所で営業しているので
    一旦会社に戻るとその移動時間が
    もったいないというところで」

    という理由で活用されていました。

    会議のために、いちいち会社に戻るのは手間!

    やっぱり営業先を飛び回る営業マンにとって
    1度会社に戻って打ち合わせするのは
    かなりの手間なんですねぇ

    (僕も営業の神様
    ブライアン・トレーシー先生に
    アポは移動時間を省くために
    場所を集中させろと習いました)

    営業先の近くにビッグエコーがあると
    時間が節約できて、仕事の生産性が上がる

    でも、営業先の近くに
    ビッグエコーがあると・・・

    ビッグエコーで
    打ち合わせを済ませて、

    そこから次の営業先へと
    行くことができるので

    営業マンの方からすると、
    時間が節約できて便利!
    っていう話が

    ビッグエコーの売上が
    28億円も上がることになった
    秘訣だったんですね

    (絶対にこのプランを使うのが嫌な人とか
    居そうですけどね・・・
    (よく見る駐車場に停めてある
    営業車の中で寝ている人(笑))

    大ヒットしたビジネスプランにある
    営業マンが喜ぶ4つの付加価値とは?

    で、そのビジネスプランのお値段は
    1ドリンク付きで、1時間600円

    売上が上がる付加価値①
    他の会議の方法とくらべるとかなりお得!

    通常の歌うプランにくらべると
    まぁまぁお得なお値段です。
    (通常720円)

    そして、一般の貸し会議室と
    くらべてみてもかなり割安だったんです。
    (平均1時間2,900円)

    売上が上がる付加価値②
    プライバシーが守られているので社外秘の話ができる

    さらに、個室になっているので
    セキュリティーが万全で
    プライバシーが守られているので

    周りを気にせず
    社外秘な会話もできるわけですね。

    売上が上がる付加価値③
    会議に必要なものは、すべて無料で貸してくれる

    さらにさらに、
    このビジネスプランを申し込むと

    手持ちのパソコンと
    カラオケルームのモニターをつなぐ
    HDMIケーブルを無料で借りることができるので
    大型モニターを使って会議ができるんです。

    そして、さらに
    卓上ホワイトボードも
    無料でレンタル可能なので

    本当に会議にぴったりで
    絶対に必要としている人が多い
    施策ですよね。

    売上が上がる付加価値④
    プレゼンテーションの練習などほかの用途でも使える

    他には
    もちろんカラオケなので
    歌っても大丈夫ですし、

    なかには、マイクを使って
    プレゼンの練習をする人もいるといいます。

    このアイデアを思いついたきっかけは?

    さて、ではビッグエコーが
    どうやってこのアイデアを
    思いついたのかというと・・・

    売上を上げるアイデアは
    お客さんの特殊な部屋の使い方を
    目撃したことから

    店舗事業推進部の方が
    ある日、店舗の視察で
    店内を歩いて回っていたところ・・・

    部屋の中を見てみるとたまたま
    お1人様でビジネスマンの方が
    利用されていたので、
    フロントのスタッフに聞いてみると・・・

    結構、ビジネスマンの
    そういう利用の仕方が多いと聞いて

    これは可能性があるんじゃないか?
    と思って始めたそうです。
    (やっぱり、リサーチが重要なんですよ)

    他にもカラオケ業界では
    昼間の売上を上げる施策が生まれている

    で、他にもカラオケ業界ではいろいろと
    空いている昼間を活用するビジネスが
    生まれたそうで

    ご高齢の方向けの
    昼間のカラオケルームの活用方法

    例えば、
    高齢者の方は、
    昼間に時間があるということで

    高齢者の方向けの
    豪華なお弁当をくっつけた
    カラオケプランがあるそうです。

    今後も働き方改革によって
    ビジネス利用が伸びていく

    とはいえ、やはり
    ビジネスでの利用が
    かなりのヒットしているそうですね。

    働き方改革が進む中で
    仕事の効率化に対応していくという観点から
    今後ももっと伸びていくことが予想される
    というお話でした。

    このビッグエコーが見つけた
    売上を上げる方法から得られる
    マーケティング上の学びは?

    このお話から
    マーケティング的に学べる点は・・・

    うまく活用されていない会社の資産を
    有効活用して売上を上げる

    活用されていない資産に着目して
    (この場合、空いている部屋)

    そこにレバレッジ(てこの原理)を
    かけることで、追加で売上を上げる

    この発想を持つことですよね

    自分の会社の資産じゃなくてもいい
    他社の資産をうまく使うことで
    売上を上げることができる

    これは、別に
    自分の資産じゃなくても良くて、

    他の誰かの
    うまく活用されていない資産を
    あなたがうまく使ってあげることで

    ビックエコーのように
    かなりの売上アップを短期間で
    実現することができます。

    (これ・・・さらっと
    超有料級の話をしてますよ)

    会社の資産をうまく使って
    売上を上げることができないか?
    時間を取って考えてみよう!

    もし、あなたの会社に
    うまく活用できていない資産があるようなら

    それを、
    うまくお金に変えることができないか?
    ちょっと時間を取って考えてみてくださいね

    もし、会社の資産を使って
    売上を上げる方法が見つからない場合は・・・

    ちなみに僕・・・
    世界一のマーケティングコンサルタントの
    ジェイ・エイブラハム流なので

    これ・・・
    めちゃくちゃ専門なんですよ

    もし、隠れた資産が
    全然見つからないなら・・・

    よかったら
    問い合わせフォームから
    お問い合わせどうぞ(笑)

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す