営業や交渉で、相手の「ノー」を「イエス」に変える方法

    From:西田貴大(香川県のマーケティングコンサルタント)

    つい先日、数少ない
    見ているテレビ番組の1つ

    『スーパープレゼンテーション』が
    終わってしまいました・・・

    (基本的に学びになるものしか
    見ないのですが・・・
    学びになる番組は視聴率が低いのか
    だいたいすぐに終わります。)

    スーパープレゼンテーションとは?

    このスーパープレゼンテーションは

    アメリカのプレゼンイベント
    『TED』のプレゼンを
    厳選して紹介してくれる番組で

    たくさんある
    TEDのプレゼンの中から
    いったい、どれがいいのか分からない
    という時に非常に便利でした。

    印象に残っているプレゼンをご紹介

    というわけで今回は
    この番組の中から
    僕の印象に残っているプレゼンをご紹介

    と・・・
    思ったのですが・・・

    6年間続いた番組なので
    紹介しきれないほど
    たくさんのプレゼンがあるわけです。

    なので
    この一年の間に
    特に印象に残っているやつを
    シェアしようと思います。

    この1年間で一番印象に残った
    プレゼンテーションとは?

    そのプレゼンとは・・・

    ジャ・ジャンの
    『100日間拒絶チャレンジで学んだこと』
    です。

    このプレゼンの概要

    彼は幼少期に
    拒絶されることに対して
    トラウマを持ってしまい

    それを克服するために
    始めたのが・・・

    100日間の間
    あえて断られそうなことを人に頼み
    断られることに慣れていく
    というチャレンジ

    最初のチャレンジ

    そして始まった
    チャレンジの1日目の課題は

    知らない人から100ドル借りる
    というもの

    チャレンジから逃げてしまったことで決めたこと

    このチャレンジは
    一応、頼んでみたものの・・・

    会話も交渉もせず
    ただ逃げ出してしまったとのこと

    それはまるで、
    自分の人生の縮図のようだった
    と語ります。

    この経験から彼は決めました。

    「明日からは、何が起きてももう逃げない」

    2つ目のチャレンジで成長を実感

    次に、彼が挑んだのは

    ファストフード店での
    ハンバーガーのおかわり

    もちろん成功はしませんでしたが・・・

    今回は、逃げ出さず
    恐怖も消えて
    たった1日で進歩したと実感したそうです。

    3つ目のチャレンジでついに・・・

    次に、彼が行った課題は

    ドーナツ店でドーナツ5個をつなげて
    オリンピックのマークを作ってもらう
    というもの

    この課題が彼の人生を変えました。

    なんとこの課題・・・

    成功したんです!

    この拒絶セラピーで学んだこと

    この経験から彼は
    残りの拒絶セラピーで何を学べるか
    調べることにしました。

    そこからは
    多くのことを学んだといいます。

    「ノー」を「イエス」に変える魔法の言葉

    そのひとつが
    「ノー」を「イエス」に変える
    魔法の言葉・・・

    「なぜ?」

    魔法の言葉「なぜ?」が生まれた瞬間

    彼はある日、知らない家に行き
    こう聞きました。

    「この花 植えてもいい?」

    返事は「ダメ」

    ところが「なぜ?」と聞くと

    「うちは犬が掘り返すから
    花をダメにしちゃう
    お向かいさんに聞いてみて
    花好きだから」と答えてくれたといいます。

    そして、お向かいさんに行くと
    すごく歓迎してくれたそうです。

    拒絶されたのはあなたではない

    この課題で、彼が学んだのは
    もし「ダメ」で引き下がっていたら

    自分は「怪しい人物だから拒絶された」
    と思ったはず・・・

    でも実際は、
    断られたのは互いの要望が
    合わなかっただけなんだということ

    「ノー」を「イエス」に変える
    もう1つの言葉

    そして、他にもチャレンジを通して
    「ノー」を「イエス」にする言葉を
    見つけたと言います。

    もう1つの言葉を見つけることになったチャレンジ

    それはコーヒーチェーン店で
    挨拶係をやらせてほしいと
    頼んだときのこと・・・

    店長は困った顔で
    「どうしようかな」と言ったので

    「変でしょ?」と聞いたら

    店長は「すごく変」と答え
    その瞬間、態度が一変し

    猜疑心が消えたように
    「いいけど やりすぎないで」
    と言ってくれたそうです。

    このチャレンジで得た学び

    『人が抱きそうな疑念を
    自分から口にすれば信頼が得られ
    「イエス」を引き出せる』

    この経験から得た
    重要な学びだそうです。

    その後も、お願いするだけで
    いくつもの夢を叶える

    その後も彼は
    お願いするだけで
    教師の夢を叶えたりと
    チャレンジを続けていきました。

    プレゼンのまとめ

    そして、プレゼンの最後に
    まとめとして彼は言いました。

    キング牧師、ガンジー、
    ネルソン・マンデラ

    彼らは拒絶によって
    自分の限界を決めつけず
    拒絶にどう反応するかで
    自分の道を示した

    『大事なのは拒絶と向き合うこと』

    拒絶と向き合うことの重要性

    そして、彼は続けます。

    「逃げずに向き合ったら
    新しいドアが開かれた」

    「拒絶されたときは
    逃げずに新たな可能性として
    捉えてみてください
    向き合うだけで未来は変わるのです」

    と・・・

    このジャ・ジャン氏の
    プレゼンは
    僕自身、すごく学びになった
    プレゼンテーションでしたね。

    おわりに

    どうです?

    このプレゼン
    ちょっと見てみたくなりません?
    (ほぼほぼ、内容言っちゃったけど(笑))

    見てみたくなった方は
    こちらから見れるので
    ぜひ、見てみてください

    営業ができないとか
    人に拒絶されるのが嫌
    という方は勇気をもらえると思います。

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    P.S.
    そういえば

    営業の神様
    ブライアン・トレーシー先生も
    本の中で

    なんでもいいから
    100回セールスして
    拒絶に慣れろ
    って言ってたなぁ・・・

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す