広告や営業で見込み客の心をうまく掴み相手に共感する方法

    From:西田貴大

    テレビは見てもいいのか?
    いけないのか?

    「テレビは見るな!」

    自己啓発について学ぶと
    一度は耳にするであろうこの言葉・・・

    時間の無駄だからとか
    ニュースなどが
    潜在意識にマイナスの影響を
    与えるからとか

    いろいろ理由は
    あったと思うのですが・・・

    一応、僕はこれを実践するようにしていて
    学びになりそうなもの以外は
    基本的に見ないようにしています。
    (唯一、CSの音楽番組だけは見てます)

    マーケティングの世界では
    これとは別のことが言われている

    ところが
    マーケティングの世界では
    また別のことが言われていて

    世間の興味・関心を知るために
    テレビは見た方がいいとか

    バラエティー番組も学びがあるから
    見た方がいい
    という意見もあるしで
    (何が学べるんだったか忘れたなぁ・・・)

    結局、どっちがいいのか
    よくわからないのですが・・・
    (見る側の心持次第なんでしょうね)

    あるトップマーケッターの方の本で
    このちょうど中間の
    「ストーリー物は見るといい」
    という意見が書かれていたので

    最近、テレビで見るものに
    ドラマを追加しました。

    とりあえずストーリー物を
    録画して実践してみることにしたが・・・

    で、とりあえず
    いろいろ録ってみて
    面白そうなやつだけ
    続きを見ることに・・・

    したのですが・・・

    普段、ドラマは
    全然見なかったので

    結局、全く見ずに
    どえらい量が溜まってしまい

    ハードディスクの容量が
    残り少なくなったので
    現在、急いで見ております・・・

    お金について学べるドラマ

    で、そんな中で
    別にあんまり面白くないけど(コラ(笑))
    「これ、すごくいいな」
    と思ったのが

    『インベスターZ』っていう
    投資について描かれたドラマなんですよ

    これは、漫画が原作のドラマで

    原作には
    堀江貴文さんなどが
    関わっていて
    (ドラマのナレーションもしてます)

    (たしかジェームス・スキナーさんの
    コピーを書いている人も
    関わっていた気が・・・)

    お金や投資についての
    考え方の基礎が学べる内容になっています。

    若い人は、絶対に見た方が良いドラマだった!

    僕は今のところ第3話までを
    見終えた所なのですが・・・

    僕が昔、
    『金持ち父さん貧乏父さん』を
    読んで学んだ

    お金についての考え方が
    このドラマでは
    誰にでも理解できるように
    分かりやすく解説されていて

    深夜に放送するのではなく
    できればゴールデンタイムに
    放送していただいて

    まだお金について学んだことがない
    若い人に見て欲しいと思う内容でした。

    お金について学べる本
    『金持ち父さん貧乏父さん』

    ところで
    その『金持ち父さん貧乏父さん』
    なんですが・・・

    本の裏表紙に
    マーケティング的に学びになる
    比喩的な絵が描かれているのを
    知っていましたか?
    (自分でも思ったけど話変わりすぎ(笑))

    『金持ち父さん貧乏父さん』の裏表紙に
    描いてあるマーケティングの教え

    では、いったいどんな絵が
    描かれてあるかというと・・・

    金持ち父さんと貧乏父さんの二人が
    魚がたくさんいる池で
    魚を獲っているところの絵なのですが

    それが金持ちの人と
    貧乏な人のマーケティング思考の
    違いみたいな感じになっていて
    結構、面白いんです。

    金持ち父さんと貧乏父さんの
    マーケティング思考の違いとは?

    金持ち父さんは
    魚がいるところに網を投げ入れて
    まとめて魚を獲っているのに対し

    貧乏父さんは
    魚が少ないところで
    あろうことかステーキを餌に
    釣りをしているのです。

    考えなくても分かりますが
    そんなもので魚が
    釣れるわけがありませんよね

    ことビジネスとなると、
    貧乏父さんと同じことをしている人が非常に多い

    でも、ビジネスとなると
    多くの人がこの絵に描かれてある
    貧乏父さんと同じようなことを
    してしまっています。

    見込み客(魚)がいないところに

    見込み客が
    まったく惹かれない
    オファーやメッセージを発信して
    (魚が好まない餌を付けて)

    広告をしている
    (釣りをしている)
    わけです。

    貧乏父さんのような
    マーケティングにならないために
    あなたはどうすればいいのか?

    では、そうならないためには
    いったいどうすればいいのかというと・・・

    ズバリ
    『お客さんのことを知る』
    ことです。

    当然ですが
    お客さんのことを
    よく知らなければ

    その人に刺さるメッセージや
    興味を惹かれるオファーなんて
    作れるわけがありません

    お客さんのことを詳しく知るためには

    では、お客さんに刺さる広告を
    作るためにはどうすればいいのか?
    というと・・・

    とにかくお客さんの話を聞いたり
    見込み客が読みそうな雑誌を読んだり
    興味を持っていそうなことを
    検索したりして

    徹底的に見込み客のことを調べましょう。

    (広告業界の偉人
    『ロバート・コリアー』は
    お客さんの頭の中で行われている
    会話の中に飛び込めと言っています)

    そうすることで
    見込み客が抱えている悩みの
    深い部分を知ることができ

    そこをうまく指摘してあげることで
    見込み客の心を一気に掴むことができますよ

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    P.S.
    毎週録ってる
    カンブリア宮殿も
    何か月分も溜まってしまっているので
    早く見ないといけないなぁ・・・

    というわけで
    次回からしばらくは
    録りためた番組を見て
    学んだことや気付いたことの
    シェアになると思います。

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す