お客さんをあなたのビジネスから離れられなくする方法

    From:西田貴大

    突然ですが・・・

    サラダチキンって
    食べたことありますか?

    よくコンビニなどで売られている
    鶏のむね肉を蒸して
    真空パックしたやつです。

    なぜ、サラダチキンは生まれたのか?

    このサラダチキン・・・

    高たんぱく低カロリーで
    ダイエットをしている方や

    身体を鍛えている方に
    人気の商品なのですが・・・

    実はコンビニではなく
    “アマタケ”という
    岩手県大船渡市の
    食品加工会社が元祖なんですね

    で、このサラダチキンは、
    発売当初は、
    普通に皮付きで
    販売していたそうなんですが・・・

    きっかけは・・・お客さんの食べ方

    ある時、
    多くのお客さんが
    皮を外してから食べている
    というのを知り

    「なら、最初から皮を取って
    売った方が売れるのではないか」
    と思って

    実際に発売してみたところ・・・

    皮を取ったことの副産物として
    カロリーが今までよりも
    40%も減ったということもあって

    ヘルシーブームの波に乗り
    大ヒットしたそうです。

    (僕も身体を絞っていた時に
    とあるバッキバキのプロレスラーが
    薦めていたので食べてました)

    商品の大ヒットで気付いたこと

    この、サラダチキンの大ヒットで
    アマタケはあることに気づきます。

    それは・・・

    『ひと手間かけると商品は強くなる』

    ということ

    アマタケは会社のスローガンを
    『ひと手間カンパニー』へと変更

    この発見によりアマタケは
    『ひと手間カンパニー』
    会社のスローガンに掲げ
    商品に必ずひと手間加えるようにしました。

    手羽元は
    片手で食べやすいように
    あらかじめ少しだけ肉を剝がしてあったり
    (これだけで売上が2倍になったそうです)

    サラダチキンは
    真空パックする前に
    スチームすることによりパックの中に
    汁があふれ出ないようにされていたり
    (他はパックしてから熱を入れるそうです)

    味付けも
    ただ調味液に漬け込むのではなく
    真空状態にして漬け込むことで
    味をしみ込みやすくしています。
    (だから味が他とは違うと評判なんだとか)

    現代のビジネスで失われていること

    そんな感じでアマタケは
    商品にひと手間を加えていくことで
    売上も大幅に
    上がっていったわけなんですが

    僕はこういう“ひと手間”が
    現代社会で見過ごされつつある
    重要な点だと思うんですよね

    現在では
    システム化や
    大量生産などにより

    効率を優先させることで、
    こういった手間が省かれていって

    機械的な作業で
    みんな同じようなルールに従って
    処理されていくので

    その結果・・・

    関係性も希薄になり
    生活全般が無機質に
    なっていっています。

    生活全般が無機質になっていている
    という身近な事例

    どういうことかというと・・・

    例えば、接客なんかでも
    マニュアル通りの
    機械的な対応で処理されて

    自分が一人の人間として
    扱われていないように感じてしまった
    ということってあると思います。

    逆に言えば
    機械的に処理するのではなく

    相手を理解し、手間をかけて
    ちゃんと一人の人間として
    大切に扱ってあげることで
    お客さんとの間に絆が生まれ

    他社よりもあなたの方を選んでくれる
    という結果につながるのです。

    たくさん手間をかけると生まれるもの

    そして、ひと手間で終わらずに
    たくさん手間を加えると・・・
    今度は、感動が生まれます。

    手間をかけることで大成功している
    有名ホテルの事例

    手間をかけることで有名なところで言うと
    リッツカールトンホテルですね
    (東京はダメらしいけど・・・)

    リッツカールトンでは
    常連のお客さんの誕生日を
    スタッフ総出でお祝いしたり

    有名な話では
    大阪で泊まったお客さんが
    忘れていったパソコンを

    スタッフさんが
    わざわざ新幹線で
    東京まで追いかけて行って渡した
    という話があります。

    ここまでされると
    そりゃあ感動しますよね

    もし、あなたがこれをやられたらどう?

    そして、もしあなたが
    同じことをされた場合を
    考えてみてください

    あなたはそれ以降・・・
    出張や旅行などで
    ホテルの近くに行くことになった際に
    別のホテルに泊まるでしょうか?

    そんなわけないですよね?

    決してそれっきりの付き合いで
    終わることはなく
    必ず何度もリピートもするはずです。

    これがお客さんために
    手間をかけることで生まれる効果です。

    手間をかけることで得られるもう1つのメリット

    そしてさらに
    手間をかけてあげることによって
    もう1つ得られる効果が

    『単価を上げられる』
    ということ

    ビジネスをやるうえで
    このメリットは
    かなり大きいと思います。

    利益がないと
    ビジネスは回りませんからね

    利益が増えると、お客さんのために
    さらに手間をかけられる

    そして、利益が増えると
    さらにお客さんに喜んでもらうための
    サービスができ

    そうすることによって
    さらにリピートが増え
    かつ、口コミでもお客さんが獲得できるので

    お客さんを獲得するためのコストが減って
    また、利益が増えるという好循環になるのです。

    あなたはどうやって手間をかける?

    というわけで
    お客さんとの絆を作るためにも
    利益を増やすためにも

    どうやったらお客さんのために
    もっと手間をかけることができるのかを
    考えてみてください

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す