スタンフォード大学のティナ・シーリグ教授に学ぶ起業家精神

    From:西田貴大(香川県のマーケティングコンサルタント)

    今回は、好きな本を1つご紹介します。

    ティナ・シーリグの
    『20歳のときに知っておきたかったこと』
    です。

    スタンフォード大学
    ティナ・シーリグ教授の
    起業家精神を養う常識破りの講義

    彼女はスタンフォード大学の
    STVP(スタンフォード・
    テクノロジー・ベンチャーズ・プログラム)
    というところで

    起業家を育成する講座を担当していてるのですが・・・

    その講義は、非常に独特で
    「5ドルを元手にしてどれだけお金を増やせるか?」
    であったり

    「クリップの入った封筒を開けてから
    4時間のあいだに、そのクリップを使って、
    できるだけ多くの「価値」を生み出してください 」

    などの起業家精神を養うたくさんのワークがあり、
    たいへん面白い内容になっています。

    (ちなみに増やした金額がトップクラスのチームは、
    すべて元手に手をつけなかったようです)

    この本でも、
    アイデアの出し方や常識の破りかたなど、
    起業家のマインドについてたくさん書かれているのですが・・・

    1つ常識破りのアイデアで大笑いした話があるのでシェアしようと思います。

    以下、引用(読みやすいように文章を少し編集してます)

    追い込まれた男が発見した、
    ビジネススクールに入学するための
    常識外れの方法

    『昔からの親友のジョン・スティゲルボートが
    大学院に願書を提出する際、
    良いとされるアイデアの逆を行く作戦をとりました。

    ふつうなら最悪だと思うようなことをして、
    教授に印象づけたのです。

    ジョンがビジネススクールに行こうと思いたったのは、
    ほとんどの大学院が願書の受付を締め切った後でした。

    後がないジョンは、
    常識破りの方法で願書を目立たせようと考えました。

    志願者はふつう素晴らしい業績を書き連ねるものですが、
    ジョンは、親友であり刑務所で同房だったと称する
    元教授の推薦状をつけたのです。

    推薦状に書かれた人物評は、
    およそ審査委員がこれまでお目にかかったことがない、
    常識的に見ればひどい内容のものでした。

    ジョン・スティゲルボートが大学院に提出した推薦状

    『わたしとジョン・スティゲルボートの出会いは、
    グレイハウンド・バスでした。

    彼は酔いつぶれてバスの後部の床で寝ていたようです。

    周りには発泡スチロールのカップや
    キャンディの包み紙が散らかり、タバコの吸殻が山盛り。

    手には空の酒瓶を握っていました。

    わたしは彼の親友です。
    セブンイレブンに盗みに入って捕まった後、
    同じ刑務所に入ったので囚人仲間でもあります。

    救世軍で心のこもった食事をした後、
    連れ立って伝道集会に行ったことがあります。

    そこで、おなじ女の子に目をつけました
    (スティゲルボートは敗北と屈辱を
    快く受け入れました。負け慣れているのです)。

    若き起業家を支援する
    ジュニア・アーチブメント・カンパニーや
    家族経営のクリーニング屋がお困りでしたら、
    彼のすばらしい資質がお役に立てると思います。

    あくびをするときにはきばんだ歯を隠し、
    屁をこくときには窓を開けます。

    指笛で大きな音を立て、
    ゲップで瓶のフタを開けることもできます。

    シャワーは月に一度。
    使えるときは石鹸を使います。

    バス亭のトイレで寝なくて済むように、
    彼には居場所が必要です。

    大酒飲みで、変わった性癖を持っていても、
    初日からクビにされない大企業で職を見つける必要があります。

    変わった性癖を持つ人間は、
    独創的で何ものにも囚われない発想をするものです。

    彼の考えはまったく独創的なもので、
    じつは何も考えていないのかもしれません。

    この男は酒のためとあれば、何でもします。
    働くことだってするかもしれません。

    刑務所を出たいま、
    どこかの大学院が面倒を見てくれたとしても、
    保護観察司は気にはしないと思います。

    彼はアウトローのオートバイクラブ、
    「ヘルズ・エンジェルズ」のリーダーで、
    わたしが話した連中は皆、
    ホワイトカラー犯罪に手を染めると言っています。

    バスのうしろの床に寝転がっていた連中のなかでは、
    この男が最高です。

    全体的な印象としては、
    わたしがもっともらしく言うほど良くはありません。

    わたしを刑務所から出してください。

    そうすれば、彼の代わりにシカゴに行けますから。

    ワシントン州ワラワラ、ワラワラ連邦刑務所
    囚人番号335342号 ブフォード・T・モートン』

    審査委員は、この男にぜひ会ってみたいと興味津々に

    これを読んだ審査委員は、
    ジョンを候補から外すどころか、
    ぜひ会ってみたいと面接に呼んだのです。

    ジョンが面接に現れると、
    奇妙な願書を出してきた男を一目見ようと、
    誰もが自室のドアを開けて覗きました。

    意外にもジョンは礼儀正しく、
    落ち着いていました。

    そして、なんと入学を許可されたのです。』

    以上、引用終わり

    おわりに

    いかがでしたでしょうか?
    常識外れの面白い作戦ですよね。

    僕は、この本で起業家精神を学びました。

    あなたがすでにビジネスをやっていたり
    今後、起業したいと思っているのであれば
    ぜひ読んでみてください。

    絶対!今後の役に立つはずです!

    この本を読むと
    「発想の制限を取り払えば
    ビジネスをするのにお金なんて必要ない」

    「お金がない」というのは、
    ただの言い訳に過ぎない
    ということがよく分かります。

    早いうちにこの本を読んでおこう

    この本の
    『20歳のときに知っておきたかったこと』
    というタイトルが示している通り

    「絶対に早いうちに読んでおいた方が良いと」
    断言できる本ですよ

    ぜひ、早めに読んでみてくださいね。

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    2020年12月追記

    なんと、先日Twitterで
    ティナ・シーリグ教授と
    偶然、絡む機会がありまして・・・

    彼女の本から学んだこと
    そして感想や
    読んで起きた変化など

    いろいろと
    彼女に感じていた感謝の想いを
    一気に伝えることができました。

    なんか、ひとつ
    夢が叶ったような
    不思議な感じです。

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す