しょぼい情報商材に学ぶ高い付加価値を付けて客単価を上げる方法

    From:西田貴大

    目次

    ビックリするような
    詐欺商材と出会った・・・

    つい先日、
    とあるWeb広告に関して
    日本一と言われている方が

    けっこう昔に開催した、
    2日間の合宿の動画を
    見せていただく機会がありました。

    その金額は・・・
    約20万円ほどです。

    で、肝心の内容は、
    どうだったのか?というと・・・

    完全に(僕からすると)
    詐欺商材でした・・・

    ざっくり言うと、
    その広告を使って
    安い広告費でたくさん利益を
    あげるためにはどうすればいいか?

    みたいな内容だったんですが
    それがかなり陳腐でして・・・

    あまりにもしょーもなすぎる
    その教材の内容とは?

    広告を出稿するまでの
    アカウントを作って設定をして
    っていうステップを
    1から一緒にやっていくって感じで、

    「そんなもん調べたら
    すぐにわかるやろ!!」と、

    ネット上にごろごろ
    転がっているような

    非常に初歩的な内容を
    20万円もの金額で
    販売していたことに激怒しました。

    (一応、クリックさせるコツ
    みたいなのも言ってましたが・・・
    こちらも非常に初歩的なものです)

    反対に、同じ金額でも
    素晴らしく内容の良い教材も発見!

    で、それとは別に
    某有名マーケティング企業が
    20万円で出している
    マーケティング教材を
    買って見たのですが、

    こちらは、すごく良かった!!

    内容的には、僕にはちょっと
    深く知りすぎている情報だった
    わけなのですが・・・

    (というか、
    もう学びすぎちゃってて、
    マーケティングを学んで
    新しく得られる知識なんて
    ほぼないと思う・・・)

    新しく学び始めた方には、
    非常にわかりやすく
    売上をあげる方法が伝えられていて、

    20万円を払ってでも見る価値は、
    十分にあると思える内容でした。

    (ただ、僕の5万円の講座も
    内容的に負けてないと思った(笑))

    両者の教材の決定的な違いは何か?

    この両者の教材・・・

    同じ価格ではありますが、
    内容も全然違っていて、

    後者の教材は、マーケティング初心者の方にも
    上級者の方にも価値がある内容だった

    後者の教材は、
    僕、個人にとっては、
    知識を持ちすぎていたため
    20万円の価値があったのか?は、
    少し微妙ではあったものの・・・

    初心者さんにとっては、
    十分すぎる価値がありました。

    前者の教材は、マーケティング初心者にも
    微妙すぎる内容で価格ほどの価値を
    一切、感じなかった・・・

    そして前者は、
    僕、個人にとっても
    マーケティング初心者さんにとっても

    20万円の価値がないと
    はっきり思える内容でした。
    (3,000円でも買わない)

    価値を感じそうな人を強いてあげるとするなら・・・

    とはいえ、買う人によっては、
    前者でも20万円の
    価値がある場合があります。
    (いや、多分ないんだけど・・・(笑))

    それは・・・

    広告を出稿したいんだけど、
    難しすぎると感じていて、
    やり方がさっぱりわからない・・・
    という方!

    そんな方は、
    ステップバイステップで
    広告出稿のやり方を
    パソコンの画面を共有することで
    見せてくれているので、

    自分でも簡単に
    広告を出稿することが
    できるようになり、

    その広告による成果によって
    元を取ることができるようになる

    ・・・かもしれません。
    (でも20万となると
    さすがに詐欺だな・・・(笑))

    情報に価格以上の価値があるかどうかは、
    その情報を受け取る側の
    知識量によって変わってくる!

    んで、この価格に対して、

    それに見合った
    価値がある・価値がない
    っていうのは、

    (もうお気づきかもしれませんが)
    買う人の知識量によって
    変わってくるというわけです。

    販売するターゲットが
    マーケティング上級者なのか?
    マーケティング初心者なのか?で、
    その人が感じる価値が大きく違う

    例えば、僕に
    マーケティング教材を
    売ったところで、

    海外のトップの方以外の教材では
    あまり価値を感じませんが、

    マーケティング初心者の方に
    教材を売った場合は、
    価格以上の価値を十分に
    受け取ってもらえることができます。

    ただし、マーケティング初心者の方に
    あまりにも上級者レベルの教材を売ってしまうと、
    悲惨なことになる場合も・・・

    反対に、初心者の方に
    僕が買っているような
    海外のトップの方の教材を売ると、

    そのかなり複雑な内容と
    専門用語などで
    意味が分からなすぎて、

    まったく価値を感じることは
    できない・・・・

    ということも起こりえます。

    お客さんとの知識差があればあるほど、
    その情報が高い価格であっても、
    高い価値を感じで買ってくれる

    このように
    価値の判断基準の1つには、
    知識差というものがあります。

    自分とお客さんとの知識の量に
    差があればあるほど

    より高い価格で
    商品を販売することができる
    というわけですね。

    知識差を使った価値提供モデルを
    情報を販売しない普通のビジネスで
    応用するにはどうすればいいのか?

    じゃあ、この事例のように
    情報を販売するといった
    ビジネスをしている人以外の人は、

    この知識差のモデルを
    どう活用すればいいのか?
    というと・・・

    自分が売っている商品・サービスに
    有益な情報を付加価値として付ければいい!

    簡単です!!

    自分が売っている商品に
    何かしらの情報を付けて
    付加価値を増して
    単価をあげればいいのです。

    たとえば、パソコンを売っているなら
    こうすれば購買単価が上がる!

    例えば、パソコンを売っているなら
    使い方のサポートや設定を
    代わりにやってあげる。

    (スマホの使い方教室を
    携帯電話会社がやっているのを
    見たこともありますね)

    たとえば、あなたのビジネスが美容室なら
    こうすれば客単価が上がる!

    他には、美容室なら
    シャンプーやトリートメントを
    買ったお客さんに

    髪が艶々になるまでの
    正しいケアのやり方を
    ステップバイステップで教えてあげる

    ということもできます。

    (似たようなケースで
    ドモホルンリンクルは、
    正しい使い方を撮影した
    DVDを送ってきます)

    アイデア次第でいくらでも
    あなたの商品・サービスに付加価値を生み出して
    客単価をあげることができる”

    こんな感じで、アイデア次第で
    情報による付加価値は、
    どんどん付け足せて、

    お客さんに
    喜んでもらいながら
    購買単価を
    上げることができますので、

    ぜひ、この機会に

    「どうやったら、
    より多くの価値を
    提供できるだろうか?」

    と知恵を絞って
    考えてみてくださいね!

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す