10分のインサイドセールスで史上初の売上を達成したマインドセット

    From:西田貴大

    目次

    恐怖!朝起きたら顔の感覚がない・・・

    え~結構ショックな
    突然の異常事態が起きたんですが・・・

    なにがあったのかと言いますと・・・

    先週の金曜日に
    朝起きたら顔の右4分1くらいの
    感覚がなくなってまして・・・

    なんか海に入ったあとのような
    感覚が耳の奥にあって、

    普通に音は聞こえるんだけど
    なんか聞こえずらいし、

    そもそも耳が
    あるのか?ないのか?
    みたいな違和感がすごい・・・

    ってことで、次の日は
    友達に招待されて参加している
    半年間のセミナーがあったので、

    できるだけ早く寝るようにして、

    「寝りゃ治るだろ!」
    みたいな気持ちで寝たんですが・・・

    感覚のマヒは突発性難聴の予兆だった!

    起きてもやっぱり
    感覚が戻らないままでして・・・

    「こりゃヤバイ」と思い調べたら、
    突発性難聴の予兆だということが分かって、

    早急にお医者さんの
    診察を受けなければ、
    聴力を失うかもしれない。
    と書いてあったので、

    即、スタッフさんに連絡して、
    今日は、こういう状況で遅れます!!
    と伝えて(遅刻は罰金というルール)、
    急いでお医者さんへ・・・

    念入りな聴力検査の結果、

    右の耳の高音域が
    異常に聞こえなくなっていて、

    それにともなって
    全体の聴力が落ちている
    とのことでした・・・

    主な原因はおそらく・・・あれか?

    で、原因はいろいろあるものの
    どうやら睡眠不足が主な原因で、

    あとは、最近ヘッドセットを
    付けることが多いので、

    zoomミーティングに
    早く入ったときに、

    待ってる間は暇なので、
    音楽を流したら音量の設定がズレてて
    爆音で音楽が流れて耳にバーンと来た
    ということがあったので、

    この2つが原因かなぁ…
    と思っております。

    薬を飲んでセミナーを受けるも
    かなり耳の状態が悪く集中できない

    んで、まぁ飲み薬をもらって
    セミナーに参加したんですが、

    やっぱり聞こえにくさと違和感、
    耳の痛みがあって、
    あまり集中できずに一日が終わり・・・

    2日目(日曜)の朝には、
    顔と耳の感覚は、
    戻ってきてたんですが、
    耳鳴りがひどく・・・

    途中から、耳元でセミが鳴いている
    くらいのヤバさになったので、

    「ちょっと耳鳴りがえげつないので、
    少しの間休みます」という言葉を残し、
    画面を消して休んでいました。

    どれだけ状態が悪かろうがメインイベントの
    インサイドセールスのワークはやる!!!

    そして・・・

    しばらく休憩しているとセミナーは、
    この日のメインイベントである
    セールスの時間になりました!

    これはもうね、
    ここに猛烈な下準備をしたうえで、
    コミットして参加していたから、

    ここはたとえ耳が
    聞こえなかろうが出る!

    めちゃめちゃ売るんじゃい!!
    と決めてzoomに戻り、

    みんながビビっている中、
    1人だけやる気満々で
    そのときが来るのを待っていました。

    入念なマーケティングによる
    下準備からのインサイドセールスで
    いくら売り上げることができたのか?

    そして、始まったセールスのワーク!

    やることは・・・
    ブレア・シンガー先生のときと同じ。

    10分間電話をかけて
    なんでもいいから売ること!
    (いわゆるインサイドセールスですね)

    僕は、前回の
    ブレア・シンガー先生の
    セールストレーニングのときに、

    10分間で130万円を売っているので、

    今回は、それを超えることを目標に
    入念な下準備をして、
    エネルギーが最高の状態で、
    電話をかけ始めました。

    (セールスはエネルギーが高い方が勝つからね)

    電話によるインサイドセールスのワークの結果
    10分間で売上358万円を達成!

    そして・・・

    今回はなんと!!

    10分間で358万円を
    売り上げることができました!(イェイ!)

    やっぱセールスって、
    エネルギーなんですよね!

    特に嬉しかったのは、
    友達の講座をセールスして
    たくさん喜んでもらえたこと

    そんな中でも
    特に嬉しかったのは、
    僕にはもうキャパオーバーの
    仕事量が来ているので、

    講師であるその友人の
    セミナーを売れたことですね。

    (この、インサイドセールスの
    ワークを行っている
    セミナー自体(次の期)を売った
    (なんか史上初の出来事らしい))

    売ってくれてありがとう!の言葉がセールスを楽しくする

    そして、買ってくれた人が
    「売ってくれてありがとう!」
    って言ってくれたことで、

    同時に2人の人の
    役に立つことができたんだ!
    ってことがものすごくうれしくて、

    自分の商品が売れたことよりも
    大喜びしてしまいましたね。

    そして前よりも、
    もう一段階セールスが
    好きになりました!

    (もうセールスコンサルタント
    も名乗ってもいいよな(笑))

    セールスをすることは、
    その相手を助けること

    で、この話で言いたかったことって、

    「耳には気を付けろよ!」
    って話もそうなんですが・・・(笑)

    (現在の聴力は、
    治りにくい高音はまだまだなものの、
    普通の音域は日常会話ができる
    レベルにまで治っています)

    僕が言いたかったのは、
    『セールスは人助け』
    ってことなんですよね。

    これはブレア・シンガー先生や
    その弟子たちからもずっと、
    繰り返し繰り返し
    教わってたことなんですが、

    今回のワークを通して、
    売って感謝されるという経験を
    たくさん味わったことで、

    その理解のレベルが
    さらに深まったように感じます。

    売ることを恐れないで!

    で、売ることに
    抵抗があるって人は・・・

    たいていの場合(というか全員)、
    この『助ける』っていうことを
    まったく理解できていないんですよね。

    少し踏み込んで言うと・・・

    売って「ありがとう!」と言われる前に
    嫌われることを恐れてしまっている。

    たとえばセールスとはこういうこと

    たとえば、大きな問題があったとします。

    (売ることは相手の悩みや
    問題を解決することですから
    その前提で読んでね)

    分かりやすいように、
    ここは近所の人の家が
    火事で燃えているとしましょう。

    時刻は深夜です。

    もちろん家主は寝ています。

    そんなときに偶然、
    あなただけはそれに気づき、
    助けに入っていきます。
    (セールスに入っていくと捉えてね)

    問題が起こっていることを知らせてあげる

    そしてあなたは、
    家主が寝ている部屋を特定し、
    入っていきました。

    そうしている今も
    火はどんどんと燃え上がり
    迫ってきています。

    ここであなたは、
    急いで家主を起こそうとしますが、
    なかなか起きません・・・

    仕方がないのであなたは、
    家主に何発も往復ビンタをたたき込み
    やっと起きてもらうことに成功しました。

    ここでやめたら当然嫌われるが、
    相手を助けようと真摯に向き合ったら・・・

    さて、このときの家主の感情は
    どんなものでしょうか?

    もちろんあなたに対して、
    良い感情は抱いていないはずです。

    気持ちよく寝ていたのに
    急に起こされただけでなく、

    何発もビンタをされて
    顔が痛みでジンジンして
    腫れあがっています。

    でも、ここで相手が
    事態を察したらどうなるでしょう?

    相手が抱えている問題から助け出してあげる

    「家が燃えている、今すぐ逃げないと!」

    そうあなたは急いで伝え、
    家主を家の外に連れ出しました。

    このとき、家主から出る言葉は
    どんな言葉でしょうか?

    「よくも何発も殴って、
    夜中に起こしてくれたな!」
    でしょうか?

    そんなはずありませんよね?

    家主はきっと、
    「助けてくれてありがとう!」
    と言ってくれるはずです。

    本物のセールスは、売れば売るほど相手から
    嫌われるのではなく、感謝されることになる

    セールスもこれと同じなんですよ!

    多くの人は、
    売り込み(ビンタ)をして
    相手に嫌われることを
    恐れているわけです。

    でも、その嫌われるかも
    という恐れを突破して、

    相手を助けてあげたときに、
    相手から返ってくる言葉は、
    「ありがとう!」なんですよ!

    (まぁそもそも相手の問題を
    解決してあげるんだから
    ビンタという表現はおかしいが・・・)

    色んな業界のトップセールスマンたちは、
    相手の問題にフォーカスをして
    売ろうとするのではなく助けようとしている

    だから、セールスも
    嫌われることを恐れずに、

    相手が抱えている問題を
    解決する手助けをするんだ!
    という覚悟を持って挑んだとしたら、

    たとえ、一瞬は嫌われようとも
    売ったあとには必ずあなたに
    感謝をしてくれます。

    だから、『セールス=人助け』
    というマインドセットを常に持って、

    『売る』ということを
    楽しんでいってください!

    このマインドにより、
    あなたがより多くの人を
    助けられるようになることを
    願っております。

    (慣れたら売ってる感覚も
    (相手からすると)
    売られたという感覚も
    なくなります)

    本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

    西田貴大

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す