ビジネスでも挑戦し続けコンフォートゾーンを広げて成長しよう!

    From:西田貴大

    ジムで久しぶりに筋トレをしてきました

    自粛の影響で
    ジムに行けなくなってから
    はや3か月・・・

    最初のうちは、
    腹筋も若干ですが見えてきて、

    「おっ、案外太らんのとちゃうん?」

    とか思っていましたが・・・

    3か月も経つと、
    家で10㎏のダンベルを使って
    軽くトレーニングをしていたにせよ
    (ここ数週間は、忙しすぎて
    できていませんでしたが・・・)

    なかなかだらしない身体に
    なってきてしまったので、
    (完璧主義の僕としては
    この身体は耐えきれない)

    いくらなんでも
    そろそろジムが
    使えるようになっていることを願いつつ

    イチかバチか
    プロテインやサプリメントを
    準備して行ってきました。

    コロナ対策の注意事項がめんどくさい・・・

    そして、ジムについてみると・・・

    再開してたー!!!

    でも、喜び勇んで
    入っていったところ・・・

    「あ~それは、めんどくせーな!」
    と思うことになってまして・・・

    なんか今は、本当に
    トレーニングするのにも
    条件が厳しいんですね・・・

    施設に着くなり
    注意事項の説明を受けたんですが

    「中にタオルと消毒液が
    置いてあるので、
    器具を使い終わったら、
    自分が触ったところは、
    全部消毒してください。」と・・・

    たしかにわかるんですけど、
    これはなかなか面倒くさいでしょ?

    ましてや、僕は同じ器具を
    使い方を変えて何度も使うので、

    「僕以外が使わないなら
    最後に全部消毒すればよくない?

    ほんで、入り口で消毒をして、
    なおかつ、マスクをして
    入ってきたんだから、
    そんな必死でやらんでもよくないか?」
    と思ったんですが・・・

    まぁここは、
    うつしても、うつされても
    良くないので、

    「1つ別の種目をはさんだら
    また使うのになぁ・・・」
    と思いつつ

    いちいち毎回
    自分が触れた部分全部を
    消毒して回りました。

    (僕が使ったやつじゃないけど、
    消毒したそばから
    ほかの人がまた消毒して
    使ってたのを見たけど・・・
    さすがにそれはやりすぎでは?)

    離れていても会話をするのはダメ!

    そして、ルールその2
    会話はしないこと

    いや、待って~な
    距離を離してたら
    ええんとちゃうのん?

    いつも
    プロテインを飲んでいる人を
    見かけたら・・・

    「それ、どこのプロテインですか?」

    「他にはどんなサプリメントを
    飲んでますか?」

    って聞きまくる

    人見知りなのに、
    興味があることに関しては、
    シラフの絡み上戸な僕としては

    これは、地味に痛い・・・

    やっぱり
    マーケティングのリサーチにも
    つながりますからね

    (このリサーチが実際に
    何かの役にたったことは
    一度もないけども(笑))

    3か月ぶりのウエイトトレーニングは
    さすがに全然上がらない・・・

    そんなこんなで、
    やっとこさジムでの筋トレが
    3か月ぶりに
    できたわけなんですけども・・・

    まぁ~上がらへんねぇ(笑)

    週2回通ってたときの
    だいたい8割くらいの重さで
    チャレンジしてたんですけども
    めちゃくちゃしんどい・・・(笑)

    そして回数を重ねたら
    びくともしない・・・

    もう、そのジムでの
    トレーニングの50分間だけで、

    3か月という
    時間の重みを痛感しましたね・・・

    キーボードのタイピングもままならないほどの
    筋肉痛に襲われる・・・

    そして、これを書いている今・・・
    全身筋肉痛でえげつない状態です(笑)

    キーボードをタイプするのも
    地味ぃ~な痛みに耐えながら
    タイピングしてますし、

    立ったり座ったり、
    階段を上るのも一苦労です・・・

    とはいえ、
    僕の理想の体型である

    新日本プロレスの
    石森太二(プロレス界一の腹筋)
    を目指してまた鍛えていきます!

    【余談】闘龍門出身のプロレスラーが大好きなんです!

    あっ、そうそう余談ですが・・・
    僕プロレス好きで、よく見るんですけど
    別に新日本プロレスが好き
    というわけではなく

    プロレスラー養成学校
    『闘龍門』の出身者が好き
    という謎のジャンルの
    プロレス好きです(笑)

    なので、闘龍門からできた団体
    闘龍門JAPANから、
    名称変更した
    現在のDRAGON GATEに至るまで

    子供のころから

    約20年見続けています。
    (めっちゃレアな
    Tシャツとか持ってますよ)

    そんなわけで、
    新日本プロレスで見るのは、
    DRAGON GATEに関わった
    外国人選手や鷹木信吾

    闘龍門出身の
    オカダカズチカ、
    石森太二の試合だけです(笑)

    限界を超えて成長するためには、
    痛みを伴わなければならない

    と・・・余談が過ぎましたが
    僕がこの話で伝えたかったことは、
    プロレス好きって話ではなくて(笑)

    『成長をするには
    痛みを伴うことをする必要があるよ』

    ってこと

    経営者なら挑戦を続けて、
    人間的に成長していかなければならない

    筋トレだったら
    筋肉痛になる必要があるし、
    (ただ見てるだけでは
    筋肉は成長しませんからね)

    ビジネス的な話でも
    経営者として、人間として成長する
    という話でも

    必ず痛みをともなうような
    決断であったり、挑戦であったりを
    する必要があります。

    成長し続けなければ
    あなたのビジネスは
    衰退の道へとまっしぐら

    そうしなければ
    現状維持は衰退につながるので
    必ずあなたやあなたのビジネスは
    落ちていきます。
    (筋肉のように(笑))

    挑戦を続けていけば、
    コンフォートゾーン(安心領域)が広がり
    できることが増えていく

    でも、1度限界を超えてしまえば、
    その経験によって、限界が上がり
    ほとんどのことでは
    動じることがなくなります。

    (筋トレは、やらなかったら
    限界が下がってきますが・・・

    そっちの方の成長に関して言うと、
    1度超えた壁は、
    もう限界にはならないので
    何度でも超えられます)

    なので、常に挑戦を続けて
    限界を超え続けていきましょう!

    (ビジネス系番組の
    カンブリア宮殿を見ていても
    うまくいっている企業は
    常に挑戦を続けていますからね)

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    P.S.
    めちゃめちゃショックだったんですけど
    体重を測ったら3kgも落ちていました。

    運動しないで体重減っているってことは、
    100%筋肉だけで
    3kgも落ちているってことですね・・・

    なんで自粛が始まったときに、
    筋肉の分解を防ぐグルタミンを
    購入しておかなかったのかを
    ちょっと後悔しています・・・

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す