SNS起業家必見!アンチに負けない強靭な鋼のメンタルの作り方

    目次

    From:西田貴大

    そういえば、そろそろ

    というか・・・

    この週末に
    参議院選挙の投票がありますね
    (若干、政治の話が入ります。
    嫌な方はスルーでお願いします)

    先日、僕はたまたま
    テレビをつけたんですが・・・

    旧民主党の方たちがやっている党の
    党首たちが消費税の増税に
    反対しているのが映ったんですよね

    僕は、それを見て
    「いや、元々上げるって言いだしたん
    アンタらやったんとちゃうのん?」
    と、思ったんですよねぇ・・・

    で、それがずっと頭の片隅に
    引っ掛かったままだったんですが・・・

    Twitterに突如現れたアンチの方と
    交渉術の練習がてら遊んでみる

    この間、Twitterを
    半年前に、仕方なく始めた
    当初にフォローしてくれた人で

    こちらもフォローを
    返した人がいたんですが・・・
    (当初は、そういうもんだと思っていた)

    急にフォローを外されたんですよね

    で、いくらTwitterに
    力を入れてないとはいえ

    相互フォローの状態から外すって
    よっぽどのことがあったんじゃないかなぁ
    と思って

    その方の投稿を調べてみたんですよ

    政治的な思想が違うからって
    相手を全否定するのは違わないか?

    そしたら、その方は
    現在の内閣総理大臣が
    もう憎くて、憎くてたまらない方のようで

    僕がお世話になっている方が
    フォローしている方で

    その方と真逆の政治思想を
    持たれている方の投稿に
    (多分、竹田恒泰さんだったかな)

    僕がいいねを押したのが
    気に入らなかったみたいなんですよねぇ

    正直、僕からすると
    そんなことどうでもいいじゃないか

    と・・・

    人それぞれ思想はあるわけで
    相手の思想が気に入らないからって
    その人自体を全否定するのは
    おかしいんじゃないか?と思うわけですよ

    目指している山の頂上が同じなら
    登るルートが違っても良いじゃない?

    同じように国を良くしたいと
    考えているのなら方向性が違っても、
    目的は一緒なんだから
    相手を否定する必要はないだろうと・・・

    (誤解のないように言っておくと
    日本を貶めようとしている人は別ですよ)

    だったら、過激なことを言って
    同じような人をあぶり出してみよう!(笑)

    と、そんなことがあったので

    そういう人が1人いるくらいだから
    調べたらもっといるんじゃないの?と思って

    先ほどの「そもそも増税はアンタらが
    言い出したんとちゃうんかい?」
    ってツイートをちょっと過激めにして

    フォローを外す人がいるかどうか?
    あぶり出すというテストしてみました(笑)
    (本題と関係ないので結果だけ言うと、
    2人減って5人増えました(なんで?))

    過激派の論客(アンチ)現る!!

    そしたらねぇ・・・

    過激派の論客がやってきましてねぇ
    (まぁ最悪、炎上してもいいやと
    思ってたので想定内でしたが・・・)

    その方も案の定、総理大臣が
    憎くてたまらない方だったんですね(笑)

    で、僕のツイートに
    「自民党に文句も言えないクソ雑魚」とか
    いろいろ罵詈雑言を浴びせて来るわけですよ

    面白そうだったので交渉術の練習がてら
    遊んでみることに・・・

    と、言ってもその方・・・

    だいぶ、あちこちで
    暴言を吐いて回っているようで
    Twitter側から「返信来てるよ」って
    通知も出ないほどの要注意人物だったため
    無視することもできたんですが・・・

    「なんか、絡んでみたら面白そう」と
    変な好奇心が発動しましてね(笑)
    (ところどころ頭のネジが
    ぶっ飛んでいます気にしないでください)

    ちょうど良い機会だし、
    交渉術の練習がてらバリバリに返事をして
    遊んでみることにしました。

    SNSでアンチに負けないために
    メンタル面を管理して
    強靭なメンタルを作ろう!

    というわけで今回は

    こういった罵詈雑言を浴びせて来る
    アンチの方と出会った時に
    メンタルを保ちつつ撃退する方法について
    実例をもとに解説していきます。

    アンチとは、ボクシングではなく合気道で戦え!

    まず、暴言を吐いてくる人に対しては
    無視が一番です。

    言葉のボクシングで来る相手に
    真っ向から打ち合ってしまっては
    ダメージを受けるだけです。

    例えるなら、合気道のように
    相手の攻撃をいなすのです。

    戦いに勝つための名言①老子の言葉

    かの老子も

    『善勝敵者不与』
    (善く敵に勝つ者は与にせず)

    うまく敵に勝つ者は、敵と戦わない。
    さらに、「優れた戦士は怒りを表さないし、
    猛々しくもない」
    と言っています。

    戦いに勝つための名言②孫氏の兵法

    そして、孫氏の兵法でも

    『百戦百勝は
    善の善なるものに非(あら)ず。

    戦わずして人の兵を屈するは
    善の善なるものなり

    (百戦は百勝といっても
    最高の戦い方ではない。

    敵兵と戦わないで屈服させることこそ
    最高の戦い方である)』

    と書かれてあります。

    『戦わずして勝つ』ことが兵法の常道!

    そう、こういう時は
    戦わずして勝つのです。

    なので、僕は
    暴言の部分は無視しつつ
    ものすご~く丁寧な対応で
    その方がしてきた質問に答えました。

    アンチから来た質問の内容は
    ザックリ言うと、こんな感じ・・・

    1つ目の質問は、

    政権が代わって7年になるけど
    消費増税の約束を廃止してない上に
    景気条項を削除したじゃないか!
    それに対して文句を言わないのか!
    というもの

    で、2つ目の質問は

    景気条項というブレーキを壊したら
    批判するだろうが!

    お前は、ブレーキが壊れた車に
    乗りたいドMなのか?

    というご質問でした。

    相手の攻撃は受け止めることなく
    徹底的にいなす

    で、僕の解答は

    景気条項うんぬんの前に
    そもそも増税には最初から反対で
    消費税は上げるべきではないこと

    まして、この先何が起こるか
    知っている人間からすると、
    (一流どころから極秘情報が流れてきます)

    この時期に上げるのは
    有り得ないと答えました。

    特技の話を持ち出されたので
    返答で少し遊んでみた

    もう1つの質問については

    僕はアクセルとクラッチとミッション
    そして、ハンドルさえあれば
    (サイドブレーキもあるとなお良い)
    車をクルッとして止められるので

    「ブレーキがなくても止められるので
    ふつうに乗れますよ」と
    ちょっと遊んでみました(笑)
    (これは、マネしないでください!)

    おちょくった挙句・・・ちょっと怒らす(笑)

    そうすると相手は、この点に関して

    「ブレーキがなくても止められる?
    何をバカなことを、ブレーキがある車から
    ブレーキを壊した話をしているんだ!」
    と、怒ってきました。

    (いや、だから
    その質問に、ちゃんと答えてますやん
    止められるって言うてますやん・・・

    なんやったら、サーキットで

    その状況、経験済みですし・・・(笑))

    反論はしない!
    ただ、相手の勢いを削いでいくのみ!

    で、まぁ本題の方も
    自民党も民主党の案に同意してるだろと、
    お前が文句を言うべきは民主党ではなく
    法案を是正していない自民党だろ!

    とお怒りのご様子

    こういう時もね
    すぅ~っと相手の怒りを
    いなして、いなして抜いていくんですよ
    (いや、遊んで火をつけたお前が言うな!)

    ブライアン・トレーシー先生の教え
    『すべては自分の責任』について、
    それとなく相手に教えてみる

    これに対する僕の返答は簡単です。

    ブライアン・トレーシー先生から
    教わったことです。

    『すべては自分の責任』

    なので、僕の返答はこう

    「文句は言わないですよ

    民意で決まった以上
    どんな結果になろうと自分の責任です。

    雨が降るのも、ポストが赤いのも
    全ては自分の責任です。

    あとはその結果を受け止め
    起業家として変化に粛々と
    対応していくだけです。

    他責にしたら終わりです。」

    (人のせいにするという
    楽な道に逃げたら
    経営者として終わりですからね

    そして、僕が目指しているのは
    政治ではなく、ビジネスの面からの
    経済への貢献ですから)

    その結果・・・
    一度も攻撃せずに「ぐぅ」の音も出ないほどに
    アンチを論破してしまう・・・

    そしたら、相手の反応は
    「民主党には文句を言うのにか(笑)」
    でした。

    ここで僕はもう
    めんどくさくなってきたので
    仕上げに入ります。

    「よく見てください
    一貫性についてネタにしただけで

    誰々が悪いとか
    誰それのせいだとか
    一言も言ってないですよ

    これを文句を言って人のせいにしたと
    捉えたのであれば見解の相違ですね」と、
    (実際、突っ込んだだけですし)

    論破は、相手を余計に怒らせて
    感情的にしてしまうだけなのでやってはいけない!

    これで、相手はもう
    「ぐぅ」の音も出なくなったようです。

    なんの返信もしてこなくなりました。

    ここで、僕がやり過ぎた点は
    最後の部分で「ぐぅ」の音も出ないほど
    論破(?)してしまったこと
    (論破はしてはいけません)

    こちらからは一切、攻撃をしていないし
    相手の意見に同意すらしている

    ただ、よーく見てみてください
    マインドセットについて
    説教臭くなってしまったものの(笑)

    相手の意見に対して
    真っ向から殴り合うような
    攻撃は一切していない

    ずぅ~っと、
    相手の攻撃をいなしている感じ
    じゃないですか?
    (そう思ってるの僕だけかなぁ)

    なんやったら
    相手の言いたいであろう意見に
    一部、同意してません?

    これもポイントなんですよ!

    攻撃をしてきている相手の意見に
    同意するとこうなる

    実は、この後に
    また一人、論客が現れたんですが・・・

    重箱の隅をつつくようなことを
    言って攻めてきたので

    「そうですか
    そこは、記憶違いでした
    ご指摘ありがとうございます。」

    と、相手の意見に
    完全に乗っかってみたのです。

    こうされると、もう
    手も足も出ませんよね(笑)

    その方は、そのままご退場されました。

    意見に同意し、お礼を述べることで
    相手を混乱させ、攻撃の糸口を
    完全に封鎖することができる

    ここのポイントは
    『同意とお礼を言う』です。

    同意は、論争しに行っているのに
    自分の意見に同意されたら
    完全に勢いを削がれますよね

    もう1つのお礼に関しても同じで

    論争するにあたって
    相手は、お礼を言われることは
    全く想定していないわけです。

    だから、この2つで完全に
    相手の攻撃の糸口を封鎖しました。

    (余談ですが・・・
    テロリストに出会った時に
    一瞬の隙を作って逃げ出すのに
    お礼が一番有効です(混乱するので)
    でも危険なのでやらないでください(笑))

    強靭な鋼のメンタルを作るための
    2つのポイントとは?

    と、まぁいろいろと
    対処法をお話してきましたが

    強靭な鋼のメンタルを作る方法①
    【全員に好かれようとしない】

    メンタル面に関して言うと、

    『全員に好かれようとは思わないこと』
    ですね!

    好きな芸能人ランキング上位の人は
    嫌いな芸能人ランキングでも
    上位に入るのと同じで

    多くの人に好かれるほど
    多くの人に嫌われます。

    さらに言うと
    上位6%には何をやっても好かれますが、
    下位6%には何をやっても嫌われます。

    だから、そういう
    コントロールできない部分は
    気にするだけ無駄なので
    考えないようにしておきましょう

    強靭な鋼のメンタルを作る方法②
    【とにかく自分を愛する】

    あと、もう1つ最大のポイントは
    自己啓発的な話にはなりますが・・・

    『自分を愛すること』
    ですね。

    僕が尊敬する起業家
    ピーター・セージの話を引用すると

    あなたが「お金」の運に恵まれず、
    所持金が残り「1,000円」しかない
    としましょう。

    それがあなたが持っている
    最後のお金です。

    他に稼ぐあてもありません。

    あなたは椅子に腰かけ、
    テーブルの上に
    その1,000円札を置き考えます。

    これからどうやって生活していこう?
    どうやって家族を養っていこう?

    そうやって、
    今後の人生について真剣に考えていると、

    誰かがいきなり部屋に乱入し、
    テーブルの上の1,000円をつかみ取り、
    走り去ってしまいました。

    あなたはどう感じるでしょう?
    あなたの「全財産」を奪った
    あの男に対し、
    どんな気持ちがするでしょう?

    怒りや、悲しみや、不安や、
    絶望感を感じるのではないでしょうか。

    ・・・・・・では、

    「同じシーン」を巻き戻して、
    もう一度、再生してみます。

    あなたは部屋に入ります。

    大きなテーブルには
    全財産が置かれています。

    金額は、1000億円。
    現金でテーブルに
    うず高く積まれています。

    そのとき、さきほどの見知らぬ男が
    部屋に押し入ります。

    そして1,000円札を1枚ひっつかむと、
    足早に逃げていきました。

    さて、あなたはどう感じますか?

    ピーター・セージ著『自分を超える法』(ダイヤモンド社)より引用

    これは、僕もそうですが
    おそらく、あなたも
    まだ大量にあるから別にいいよ
    って思うのではないでしょうか?

    では、お金を
    「自分に対する愛」に
    置き換えてみましょう。

    多くの人は、
    失礼なことを言われたりしたとき、

    また「重要感」、「安定感」、自己価値、
    自分らしさが脅かされたりしたとき、
    「最後の1,000円」を奪われた、
    一番目の例のような
    気持になってしまいます。

    怒りや、悲しみや、不安や、
    絶望感を感じたり、

    そこまでいかなくても、
    カチンときたり、
    ムッとしたりするということは・・・、

    「あなたが相手から
    愛されていないと感じるから」だけでなく、

    私たちが持っている
    「自分自身に対する愛の量」が
    不足しているからであって、

    「唯一持っているもの」を
    守ろうとしてしまうからなのです。

    もし、あなたが、
    「自分自身に対して1000億円ほどの大量の愛」
    を持っていたら、

    たとえあなたが誰かに
    ひどいことを言われても、

    つまり、1,000円程度
    相手に傷つけられたとしても、
    実際に起こっている真実を、
    冷静に見通すことができるでしょう。

    ピーター・セージ著『自分を超える法』(ダイヤモンド社)より引用

    自分自身を愛し、全員に好かれようとしないことこそが
    SNSでアンチに出会った時に負けない
    鋼のメンタルを作るための最大のコツ

    このように

    自分自身を愛すること

    そして、

    全員に好かれようとしないこと

    こそがメンタルを傷つけられない
    一番の秘訣なのです。

    (僕自身は、あるセラピストに
    自分自身を愛せるように洗脳され
    こういう状態になりました(笑))

    以上、これらが僕が最近
    『鋼のメンタル』と言われている
    ゆえんです。
    (ホントは繊細なんですが・・・)

    というわけで
    あなたもこれらの技術を使って
    心を傷つけられないように
    自分自身を守ってみてください!

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    P.S.
    SNS嫌いで
    やけくそになった挙句・・・

    仕事の休憩時間にTwitterで
    僕よりもはるかに有名な
    先輩コンサルタントの方々に
    ひたすらボケ倒したことで

    最近、ものすごく
    変なポジションを築いております(笑)

    なかでも一番尊敬する方とは
    ツッコミ担当になったり、
    2人でオネェキャラで絡むという
    ネタができたりして

    「その方の名前 Twitter」
    でGoogle検索すると
    なぜか僕が2番目に表示されるように
    なってしまっています(笑)

    (ややこしいボケを見逃してしまったら
    「突っ込んでくれなかった」と
    スネられるので気が抜けません(笑))

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す