会社を経営していると次々と起こるビジネスの問題の根本的解決法

    From:西田貴大

    僕とネコの多分1,000日ぐらい戦争(笑)

    あれは、たしか僕が
    中学生のころの話・・・

    突然、身体に水ぼうそうができました。

    もうそれはそれは、
    めちゃくちゃかゆい(笑)

    もう、かゆくてかゆくて
    仕方がないんです・・・

    最初の水ぶくれが
    でき始めのころは、

    母が消毒した針で水ぶくれを割って
    そこを消毒してという感じで
    やってくれてたんですが・・・
    (今思うと、これは大丈夫な方法なのか?)

    あまりにも次から次へと
    かゆい水ぶくれが出てきて
    それが大量にでき始めたもんで
    お医者さんに行くことになりました。

    評判のいいお医者さんのところへ・・・

    そして、
    大量の患者さんでいつも混んでいて
    かなりの待ち時間が必要だけど
    良い先生がいるという皮膚科へ・・・

    案の定、めちゃくちゃ混んでいましたが
    かゆさに耐えながら名前を呼ばれるのを待ち

    やっとの思いで診察室に入って
    「水ぼうそうみたいなんです・・・」
    と、足を見せた瞬間・・・

    お医者さんは、
    いきなり予想外のことを聞いてきました。

    お医者さん「ネコ飼うとるやろ?」

    (いや、飼うてへんわ!!)


    「えっ?犬だったら飼ってますけど・・・」

    お医者さん
    「い~や、それはネコのノミや!犬と違う」

    (いや、だから飼うてへんって!!)

    またネコを飼ってる・飼ってない問題が再燃(笑)

    と、まぁお医者さんは、
    完全に想定外のことを聞いて
    決めつけてきましたが(笑)
    (結構、頑固なおじいちゃんなんです)

    とりあえずは、
    水ぼうそうではないことが分かりました。

    以下、会話の続き↓

    お医者さん
    「これ、膝から下しかできてないやろ?
    これは、間違いなくノミに噛まれとる!」
    (“嚙まれる”は西日本の方言です)

    そう言いながら僕は、
    ノミに噛まれた人の写真を見せられ

    「ネコのノミに噛まれたらこうなる
    こっちは、犬や」と説明され

    そこからは、
    「じゃあ何でネコノミに噛まれるんや?」
    と・・・

    またまた、
    ネコ飼うてる
    飼うてない問答に(笑)

    (だから、飼うてへんって
    言うとるやないか!!(笑))

    突如、ネコノミの侵入経路をひらめく

    と、ここで僕は
    1つひらめきました。

    そういえば、ここ最近・・・
    向かいの家のおばちゃんが

    毎日、野良猫に
    食パンをちぎって与えている・・・

    僕の家に
    ネコのノミが侵入したとしたら
    侵入経路は、そこからしか考えられない!

    ということで
    お医者さんにそれを伝え
    ノミの見つけ方や対処法を教わりました。

    (たとえ見つけても
    蚊のように叩いたら卵が飛び散って
    悲惨なことになるそうです。
    (飛散だけにね・・・
    いや、なんでもないです))

    我が家とノミとの全面戦争がついに始まる

    そこから我が家は、
    徹底してノミ対策をしまくりました。

    まず、どこの部屋で噛まれたのか?が
    さっぱり分からないので
    地面をはいつくばって
    くまなく探してみたものの・・・

    全然、見つからず

    もう仕方がないので
    全部屋にバルサンを焚くことに・・・

    ところが・・・ですよ!

    そのあとも僕の足は、
    どんどんノミに噛まれていきます。
    (なぜか家族は無傷)

    悲報:次から次へと産まれてくるので
    バルサンは、ほとんど効果がない(問題が解決しない)

    そこで調べてみると
    ノミにバルサンは
    ほとんど効かないことが分かりました。

    なぜなら
    生きているノミには効いても
    大量に産まれた卵にはまったく効かない

    そして、死骸の中でも
    卵は生きているので
    また産まれる(なんてこったい!)

    そこで、ノミ取り機みたいなのを購入し
    バルサンを焚いてはコロコロで掃除をして
    死骸からまた産まれることのないよう

    コロコロの紙は、
    すぐにゴミ袋に包んで捨ててを
    繰り返して対処しました。

    が・・・

    それからも毎年、
    僕の足は梅雨どきになると
    ノミに噛まれ続けたのです。

    問題が解決しないのは、
    問題の本質的なところを特定して
    その問題の根本的解決をしていないから

    これは、どういうことか?

    ひょっとしたら、僕のブログ記事を
    いつも読んでくれている方なら
    もう気付いているかもしれません・・・

    そう、僕がやっていたのは
    言わば『モグラたたき』

    起こった問題に対処する
    (出てきたモグラをたたく)
    というのを繰り返して、

    その問題を引き起こしている
    本当の問題を解決していなかったのです。
    (僕の家にノミを連れてくるネコ)

    この問題を引き起こしている本質的な問題である
    ネコとおばちゃんの方を解決することに・・・

    というわけで
    我が家は、本当の問題であるネコ

    というか
    そのネコたちにエサをやっている
    (“たち”=野良猫がどんどん増えたから)
    おばちゃんに対処するための方法を
    考えることになりました。

    (ちなみに市販のネコ除けグッズは
    犬にも効くみたいで
    犬を飼っている我が家では
    使えませんでした・・・)

    案外、簡単に解決方法が見つかる!

    ところが・・・
    案外、簡単に対処法は見つかります。

    というのも
    我が家だけでなく
    近隣住民みんなが

    植木に糞をされる、
    車に登って傷だらけにされる、
    食パンを狙ってやって来たカラスがうるさい
    カラスの糞でベランダで洗濯物が干せない
    などなど

    この猫たちとおばちゃんに
    多大な迷惑をかけられていたのです。

    そんなわけで
    近隣住民総出で被害状況をまとめて
    「ネコをなんとかしてくれ」と嘆願書を
    おばちゃんに提出することになりました。

    おばちゃんがまったく反省することなく
    ネコを集めるのをやめないので住民大激怒!

    ところが・・・

    おばちゃんは、
    まったく反省をしませんでした。
    (車の修理代を払うと言ってだけで
    一銭も払いませんでしたし、)

    その後も、周りを見回して
    誰もいないのを確認したら
    平然と食パンを与えていました。
    (僕の家からは丸見え)

    近所の人たちもこれには大激怒

    その後は、おばちゃんも改心したのか(?)

    ちゃんとネコを飼うことになり
    ノミ対策もしてくれたのか(?)

    我が家にノミが現れることは
    無くなりました
    (なお、この一件以来、
    僕はネコがあまり好きではないです)

    ビジネスの問題も、それを引き起こしている
    本当の問題の特定を最優先し、そこを解決しよう!

    このように問題が起こった際には
    それが起こった本当の原因が
    どこにあるのか?を徹底的に調べて特定し、

    そこを解決するのがポイントです。

    起こった問題ばかりに対処していたのでは
    いつまで経っても
    その問題は起こり続けますからね

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    西田貴大

    P.S.
    ノミはおさまったものの
    その後もネコは大暴れし
    車は、ひっかかれないように
    網でふさいで完全防備して対処しました。

    なかでも一番迷惑(社会的に)だったのは
    ネコたちが発情期になり
    子供がたくさん産まれると

    (飼いきれないのかしらんけど)
    そのネコたちを捨てに行くんですよ・・・

    それも
    もう何度も何度もね

    それは、いくらなんでも
    残酷すぎるでしょうよ
    (産まれたばかりですよ!)

    そんなことをするなんて
    信じられないですよね

    そんなんだったら
    産まないようにきちんと対策しとけよ!
    って話ですよ・・・

    あれにはもう、うちの家族だけでなく
    近所の人たちも呆れかえっていました。

    ビジネスを飛躍させるマーケティングツールBOX3点セット

    集客や売上アップに必要なポイントをまとめた
    3つのレポートをセットで“無料”プレゼント中!
    レポートは下のボタンをクリックして受け取ってください!


    レポートを受け取ってビジネスを飛躍させる

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す